ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


失ってから気づく大切さ。

http://tear.maxs.jp/pic423.html
http://tear.maxs.jp/pic064.html
涙がでちゃうコピペ - (旧)ベア速(旧)ベア速
http://d.hatena.ne.jp/azakeri/20050926/p2

結構自分でも感化されやすいし、涙もろい。
と、同時に、失ってからその大切さは気づくことを身にしみて感じているから、
結構、簡単に琴線に触れてしまう。

実際、某匿名大型掲示板や毒吐き匿名掲示板などのその責任のない故の書き込みに何故?このように気軽に中傷や批判できるのだろうと思ってもまぁ、特にスルーするだけで只、役に立つ情報はないか見るだけだった。

が、匿名掲示板に書き込む人に傾向があるのではなく人の縮図に過ぎないのだろう。

人は容易く幸せに慣れる生き物なのだそうだ。
そして、その幸せを日常だと思い、様々な感情を持つ。

自分の視野がいつの間にか狭まっている事に久しぶりに気づいた気がする。
幸せの大切さ、慣れているその今の意味に気づかない自分にちょっとだけ気づいた。

まさか、明日、それが失われるとは誰も思わない、それが慣れなのかもしれない。
失ってから気づく大切なものの意味、あなたはどう思いますか?*1

追伸:これも失うと結構辛いです、ご注意を。
*2

*1:人は今ある幸せに気づかなければ後悔の連続かもしれない。只、目の前であっさりと人の命が失われる事を見たり、人の生死に接すると人生観は変わる。明日が保障されておらず、いとも簡単に失われる事を現実として見ることや、突きつけられた時、初めて気づくことも実際ある。明日が必ず訪れるだろうと皆、慣れているけれど、それは確実でもない事に気づいているかどうかは大きな違いとなる。とわかっていても、それほど大きく変われるような自分でもないのですけれどもね。只、永遠でない事だけは頭の隅に入れておきたい、言わなくて後悔する事や言って後悔することも多いけれど、失ってからでは相手にしてあげる事はできないのだから。

*2:バックアップは忘れずに。 - ジークス島戦記ロストクロニクル バックアップ、取ってますか?