ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


フランス、風刺画問題で、イスラム教に喧嘩を売った為に全方位テロ警戒体制

http://crx7601.com/archives/57346122.html

宗教は話し合いでは解決しないのよね
風刺画問題を根本的に解決出来ない限り無理

相手のタブーを全世界何処にいても押し掛けて抹殺するから、イスラム教のタブーを無意識に破るとアサシンに暗殺されます。

日本でも悪魔の詩問題で実際に死者でてるので、タブーには近寄らないのが一番です。
全世界何処にいようとアサシンが放たれるイスラム教は本当に怖いから

洒落にならないです。


ただ、自分に都合の悪いものを暴力で封じるのは、アメリカの大統領選挙同様、テロに屈することになりますから、言論の自由と宗教の教義、それぞれお互い譲れない非常に命を懸けるだけの重いものとおもっていますから、なかなか歩み寄れません。

フランスもアメリカもイスラム教も中国も、サラミスライスのように少しずつ浸食していって手に入れようとするものがあるから、絶対に譲歩すれば付け込まれていくので譲らない領域があります。

中国は相手には譲歩を強要して自分では譲らないジャイアニズムが横行しています(面子ともいう)
自分がやろうとしているから、盗人の心理で相手を信用できません。

きんぺーの外交下手はここから来ますが、それが世界を滅ぼす(正確には中国の自滅に世界を巻き込む)事になるかもしれません。


どうにも太平洋戦争、第二次世界大戦の流れと似てる気がするので世情の動乱が怖いです。
アメリカ選挙前後は十分に注意が必要かもしれません。

それぞれ、どこが何をしでかしても不思議ではないやな状態です、それぞれこの状況をどう利用しようとするかで、どこまでも悪化していきそうです。





平和の尊さって、失われてから気付くんですよね、愚かしいことに…。


髪の毛と歯と健康と平和と安全は、失ってから当たり前のように思っていて、その価値に気付く最たるものです気を付けましょう。