ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


寄生虫がハイエナを操作して、ライオンに殺されやすいように、猫科の動物へ寄生するが、実は人間も操作しているのかもしれない。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO73822610T10C21A7000000/?channel=DF260120166528

以前、猫は不吉の象徴とされる理由でトキソプラズマを紹介しましたが、ハイエナを操作して、ライオンに寄生しやすいように、ハイエナが殺されに行くように寄生虫が操作していることがわかりました。

人間が感染すると、死亡率、危険行為を取りやすくなり死亡率が上がる=猫を見かけると不幸になるの、黒猫を見ると不幸になるという理由が、全くのでっち上げではなく経験則から言われるようになったのかもしれません。

ただ、ネズミから感染し、ネズミは猫の尿に近付くようになり、猫に食べられて猫が感染し、猫から人に感染するという、このサイクルを、昔の経験則から、猫は人を不幸にするという、黒猫を見ると不幸になるという迷信?に繋がったのかもしれません。

猫を無闇に恐れるのではなく、原因を理解して寄生虫対策を行う事で現代は解決する問題です。

ですが、迷信だらけの中世暗黒時代に、猫を飼っている人が突然、少しづつ言動が狂暴的になり、不審な死を遂げたらどうでしょうか?
皆は猫の呪いと噂するかもしれません。

こうなると、多くの呪いや猟奇殺人や不幸な事故は、実は検査されないだけで、多くは寄生虫が起こしていたのかもしれません。

そして逆に呪いとして、猫を呪う相手に寄生虫を寄生させることで呪いを成就させていたのかもしれません。
原因と結果が逆になりますが、呪いに猫の寄生虫を活用することで、結果的に猫が呪いの実行犯として活用されてしまったのかもしれません。

世界の謎と呪いは意外と見に見える呪いの原因によってもたらされたのかもしれませんね。