ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


キンペー第三期で進む中国の未来と台湾有事

https://approach.yahoo.co.jp/r/SwgTLr?src=https://news.yahoo.co.jp/pickup/6437290&preview=auto

ロシアと中国、21世紀の最大の懸念となりそうです。
問題は壊れまくったアメリカがこれにどう対応するか、台湾と日本はどう巻き込まれるのか
第三期体制が行き詰まれば台湾侵略となりそうですがアメリカはその時政権と方針はどう考えるのか?

台湾人と日本人の命はウクライナ人とたいしてアメリカ人にとっては変わりません。
変わるのは経済と地理的な地政学の問題です。
欧米人にとってアジア人種は白人とは別の認識です。
これは台湾侵攻時に気付くことになりそうです。
中東の紛争に日本人はどれくらい関心があるでしょうか?
それと同じ事が台湾紛争では起こりそうです。
アジア人の命ではなく、アジアの経済、半導体と地理的な地政学的な問題の関心の方が重要でしょう。

中国はアメリカの最大の脅威にアメリカが育てましたが、同時に倒せば障害が無くなりますが、多くの要素が激変します。
日本が防壁、不沈空母である必要は無くなるわけで、東洋の島国の一つとなります。

同時に13億の使いづらい労働力も失うわけで、どう21世紀を操って行くのか、そもそもアメリカがこの先その様な軍事力とリーダーシップを持ち続ける大国であり続けるのかも未知数です。

この先は激動の時代なのかどうか、多くの不安要素が待ち構えています。
これは1939年代に似た危なさを持つ時代のような気もしますが、実際はどう推移するでしょうか?
尚、当時は核兵器は無く、今はある
このベクトルの違いがどこまでエスカレーションを止めるのか、破局を呼ぶのか、我々は未来を知らぬが故に予測を過去からしか求めきれませんが、想像力と状況判断はより近似値を求められるかも知れませんが…ウクライナ侵攻のようにより愚かな選択を指導者が行えば世界は何処までも転落していきます。

そして今の指導者は転落させる要素ばかりに見える非常に危険な時代に思えます。
ここまで危ないリーダーは、ムッソリーニヒットラーレーニンスターリンを揃えた時代に匹敵するのではと思います。

数年後、或いは10年後、果たして我々は生きているのか?
それすら危うい時代に突入しています。