ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


TRPGは自己満足でできている

TRPGは自己満足でできている: 2D6で1
どのような行為も見方を変えれば自己満足となります。
プレイヤーに楽しんで貰いたいという気持ちも、楽しんで貰う事を達成させる達成感を求めているという見方もできます。
でも、GMの自己犠牲というのは思っていても口に出してはいけないものだと思いますよ
ゲームを遊ぶ上での信頼関係を自ら崩して成り立つ遊びでもないと思いますし。

本音を隠して上辺だけの付き合いというのも物足りないかもしれませんが、コンベンション含めて時間を共有できる時間は限られています。
キャンペーンなどで相手の嗜好を知ってゆける状況でもなければ、悪影響を与える本音を言い合って態々状況を悪化させる理由はないと思います。
TRPG含めて皆で遊ぼうという基本姿勢の元にルールはできていると思います。
この前提を外してそれぞれが遊び始めるなら、それぞれの自己満足に辿り着けるとは思えません。

本音を隠しても言葉や表情の端々にそれは出るものです、プレイヤーがそれを見抜けないとは思わないほうがいいと思います。
自己犠牲に陶酔するGMの姿をプレイヤーや読者に見せて、GMは何を得ようとするのでしょう、その辺りがちょっと気になります。
毎回面白い切り口でTRPGを語る方ですので、その一環なんでしょうけど、ぶっちゃけるのも必要な時もあるけど、心の暗黒面までぶっちゃける必要はないような気がします。

…と言っている自分ができているかというとこれがまた微妙な話だったりして、自戒を込めてそう思ったり。