ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


自撮りをネットに晒すと危険は迷信か?

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2109/03/news014.html

これは、『あらゆる無価値な情報は、集約するとメタデータとして活用出来る』と言うことを活用出来るような価値を本人が持つかどうかです。

つまりは自分と自分の周囲に価値を持つ情報価値を得たときに価値を持つのであって、無価値なデータは相手が有効性を見いださないと全く無価値です。
つまりは自分自身が出世したり、幸運を得たり、人と特異な境遇を得たときに初めて興味を持たれて価値を持ちます。

つまりは自分や周囲が大人物になったときに初めて幼少の頃、この人はこんなことをしていた、実は本性はこんな人で言ってることは、昔は真逆だったとか、犯人は幼少の頃からこのような粗暴な性格だったとか活用されます。

現在、出世してからエゴサーチして失脚させるための便利なデータとして活用されていますので、『貴方と貴方の周囲が追い落としをされるほど妬まれるような立場に将来ならなければそんなに心配しなくても良いのかもしれません』

但し、もし貴方が注目を(犯罪者や被害者などだとしても)集める存在になったときにそのデータは活用される(それも都合よく編集されて)ので、それだけは足元を掬われる事になることだけは覚悟しておいて下さい。

もし、そのデータが突き詰めれば犯罪や不正の証拠と出来れば貴方は地位を失います、そう言う時代です。

例えば、会社に親族の葬儀名目で休暇を申請して実は遊びに行ったりすると、自撮りをすると、それがバレた場合、社内の立場が悪くなる場合があります

別に誰も見つけなければなんのことは無いのですが、大抵は関係者が見つけて会社に後注進されたりします。
結局は人は意外と自分で自分の首を締めたがる人が多いというだけなのかもしれません。

早い話が完璧な人間でないなら、嘘はつかない方が良いのです必ずボロが出ます。
そう言う話なんですよね。


この先、死ぬまで注目されることの無い者のみ、自撮り写真を上げるが良い。
かなりの皮肉に満ちたお話ですよね、これって…。
尚、政治家さんは過去の自分の発言でブーメランを喰らって失脚しております。
結構昔、自分で何言ったか大抵の人は忘れてるみたいですよ? 自分も殆んど覚えてませんけど…。


結構、昔の発言も今の発言も社会的立場がある状況で暴露されると、問題があったりもしますから、出世する予定の人はよく考えてアップした方が良いのかもしれません。

昔の発言した某国への中傷発言が、某国で作品が発売されるときまで温存されて、いざ発売されるとなったときに暴露されて全て台無しとか、そういえば最近のぐだぐたオリンピックでもそんな感じで失脚した人が居ましたよね?

完璧な人間は居ないので、あまり過去のやんちゃは記録に残してネットにあげない方が良いのかもしれません。

結構、スキャンダルとかは、全部カードとして保管されていて、相手を追い落としたいときに活用されてたりしますので、本人は気付いてないですけど弱味をとして何処で使ってやろうかと切り札として取っている人が居たりするのかもしれません。芸能人や政治家とかはそうみたいですね。

そんな目に合うほど成功するような人はそんなには居ないと思いますけども…。