ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


パソコンのバックドア関連で調べてたら、中国企業に個人情報を渡してしまうと永遠に消えない…って、あり? キャッシュレス業者の中国企業ってどうなるの? 中国が今(2020)年1月1日から「暗号法」の施行ってマスコミ報道してないような?

https://plaza.rakuten.co.jp/hinaryou/diary/202001130000/?scid=wi_blg_amp_diary_next

うーむ、闇は深い

真偽の程は、中国だからなぁとしか、言いようがない
自分の個人情報売り渡してるから、あれだけキャッシュバックされてると考えると、自分の個人情報の値段って結構安いんですね。

しかし、中国、ホントに厄介な相手です。

つまり、この中国が今(2020)年1月1日から「暗号法」を施行がトランプがファーウェイや、中国機材のアメリカから締め出ししないと本当にヤバいという根幹だったわけですね。

完全に日本も標的なんですが…。
どんだけの人が理解してるんだろう。

今回危険視しているのは、トランプが危険だと矢継ぎ早に警戒して禁止したTiktokなどの禁止条項を、やっぱりバイデンは緩める大統領就任してないのに中国に迎合始めたこと

信用ならんので、本気で警戒しないとならんので再チェック、バックドアのセキュリティチェックを再確認してる所です。

ゆうちょ銀行やドコモがらみの不正出金も、最終的に大事になって全額保護になりましたが、最初の露見当初は銀行も個人口座保有者の不正使用と決めつけて、被害者が犯人扱いされたので、最初から個人情報を取り扱いを厳重にしないと何が起きるかわかりません。
自分のお金でなければ、情報とお金はぞんざいに扱われるのは本当に現場を見てるとよくあることなので、それだけに自分の身は自分で守らないとなりません。

農家がなんで自分達の食べる野菜は自分達専用の畑で作ってるかを考えればわかりそうなものです

どうせ最後は国は責任とらないし、自己責任って言われるので、自分の個人情報と財産は自分で守らないと痛い目見ます。
デジタルデータでオンラインで資産や情報を持ってなければ問題ないかもしれませんが、企業に勤めている場合情報漏洩で首が飛ぶ場合もありえるので、ご注意ください。

トランプからバイデンに変わると早速その辺から攻められそうです。
まぁ、中国と取引ある企業は中国指定の会計ソフトがバックドア入ってるのでもう今更なんですけどね

もう、就任前からバイデン言ってることとやってることが違うのでやはり、信用出来ません。
流石オバマ大統領の下で8年何やったかといったら、中国に埋め立て基地を黙認したくらいの功績しかなかった人です、多分なにもしないと思った方が良さそうです。

多分人権問題だけは動くかも知れませんけどね。
中国と経済戦争してるのにさっそくこれだし、アメリカ、本気で終わるのかもしれないです。

もしくは追い詰められて戦争に突入するかのどっちかかもしれません。
ただ、苦し紛れの戦争は、太平洋戦争同様勝てませんし、全てを失います、補給と準備が大事なんです、何事も