ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


さて、バイデンが当選しようと、中国の本当の狙いは、バイデンを健康不安で、カマラハリスを副大統領から、事実上大統領としてアメリカを牛耳るシナリオ

今回、不正選挙であろうと、14日に選挙人投票が行われたことで、バイデンの当選の法的根拠が生まれます。
(トランプ側の手札はあまりに多いので、こっからでも覆す方法は、戒厳令でも、戦争でも可能ではあります、やればですが…)

ただ、本命はバイデンを形式上大統領と認定して、すぐに追い落とす事なので、カマラハリスを大統領としてアメリカを崩壊させる事が中国の本命です。

さて、どのタイミングでバイデンは病に倒れるのでしょうか?

骨折同様、白々しい芝居がすぐに見ることができるかもしれません。

元々ハリスと意見が対立したら、病気を理由にとっとと大統領を降りると当選前から公言する程にやる気のない大統領候補なので全く期待できません。

それ以前に大統領が選挙で確定は正確には1月ですがその前に、トランプからの法廷論争が目白押しのために、今回の選挙人投票が宣誓を兼ねるために、投票人が自らの死刑執行命令にサインしてしまう形になる可能性もあります。

すべてはトランプがどう行動するかの民意の構築の為の一連の流れのために、トランプが今後、どのようにカードを切ってくるか次第です。

まずは18日までのトランプの動向に注意するしかありません。
予定では1月に決着がつきますので、その時本当に大統領になっているのは誰なのか、大荒れの1か月となりそうです。

尚、今後の展開は何ルートもあり得るので、迂闊なことは言えないのですが、欺瞞情報に踊らさせてマスコミがどのような発言をするのか、中国協力者リストの日本人版が出た辺りで大問題になりそうです
(まだ、続々と出る可能性はあります)

あと1か月は振り回されると思っておいた方が良いでしょうね?
最後まで立っていられるのはバイデンかトランプか? 漁夫の利を得るのはカマラハリスなのか?

歴史はまだまだ転がります。