ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


感染終息は最早不可能か? 完治した筈が、再感染と感染拡大のキャリアとなる可能性

http://www.akb48matomemory.com/archives/1077070225.html?ref=popular_article&id=5929610-1823276

感染力の高さを印象づける発表だが、ウイルスとしては無敵過ぎる。
ちょっと眉唾物だがウィルスの生存戦略としては理想的な感染システムかも
(ウィルス自体は如何に宿主を殺さずに、ウィルスを大量に増殖させるかが生存戦略として挙げられる、不健康な(ウィルスを媒介させずに倒れてしまうような)宿主は、媒介の邪魔だから寧ろ殺してしまうとか、かなり効率重視の感染拡大重視のウィルスなのかもしれない)

このウィルスはこの先、風邪のようにずっと関わって行かないとならん類のウィルスかもしれない。

身も蓋もない話をすると、コロナウィルスは、風邪も含まれるから、新型コロナウィルスは、暴論ではあるが風邪の撲滅を目指すようなもの、なので、人類発祥以来、風邪を撲滅した事はない。
(無菌室は作れるけど)

なので、完全に押さえ込む事は出来ないでしょう。
なので、このリスクにどう挑むかと、安易な楽観主義と極端な悲観主義は、どちらも当てはまりません。

結局、インフルエンザも撲滅出来ないので、いずれ同じ地位に君臨するのかも知れません。

まだ、本当の正体が分からないのが厄介なだけですので、SARSもまともに対策出来てないですから、楽観も絶望もしないように