ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


時をかけるGM

昔から、体験的に、あるいはやるとまずい事になりそうだなと自らに課しているタブーが幾つかあります。
本当に人に言うとまずいのは公言しないとして、

○盛り上げておいて実は夢落ち
○納得されそうにない説明されない謎の組織による事件解決

は、できるだけやらないようにと思っています。(ま、いつかやるかもしれんけど(困ったら))

他になかなかうまくいってくれないのだが
○推理物で、盛り上がりクライマックスに「参加者に謎の解き方を閃いてもらって一気に解決」
序盤で見抜かれるか、最後までわからない事が多いです。さじ加減が難しいので無理にクライマックスに調整しようというのは今は画策せず、どっちでもその状況を楽しめばよいかなと今はなんとなくそう思っています。

この辺は昔、痒いところに手が届かない。 - ジークス島戦記ロストクロニクルことを書きましたが、相手がどう考えるか理解しているほど、期待値に近づくと思うのですが、なかなか100人がどう考えてどう動くかは考えたとしてもそれを予測しきるのは、屋上から紙切れを落としてその落ちる位置を正確に言い当てるようなものかもしれません。
誘導すれば別なのでしょうけども、誘導されていることを相手に知られず(知られたとしても違和感のない、あるいは協力してもらえる範囲で)もっていくのは双方の息のあった行動がやはり必要だとも思います。

本題に戻します、このほかにひとつ、たまにやりますが、プレイヤーに委ねると収集がつきにくいものに、タイムパラドックスに陥りやすい環境やシナリオを展開すること、これは過去数度、決定権をプレイヤー側に与えた場合多くの場合、長考と後日破綻箇所が見える事が多いのでGM預かりで展開・回避することが多いです。
なんでこんなことを書くかというと、数年前の置き土産が、時を越えて炸裂したからなんですが、千人分の行動結果がいつどのように影響するかなんて、予測しきれませんもの。
久々に時間との戦いをやってみたいと思います、多分、玉砕すると思いますが。
たった一つの過去の些細な行動で未来が変わってしまう・予定調和との調整・果たして未来はどうなるのか?
そもそも、現在は確定されたものなのか、すべて変わってしまうのか、変わってしまったとすれば、今までのプレイはなんだったのか?

未熟な私には分を超えた内容なのですが、過去やってしまった落とし前はつけねばなりません。
本当に慎重に扱わないと危険な内容ですし、たぶん、直接は今回は触れないほうが良さそうに思います。

ある意味、夢オチ並みに危険な結果を導き出しても怖いですし。
でも、参加者の行動は可能な限りジャッジしたいとは思うのですよね。はてさて。