ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


設定や歴史は前にはついていない、後から付いてくるもの。

それがわかっているだけに、キャラクターにやたらと華燭設定をするキャラを見ると、『この設定達成するのにx年はかかるな、却下』『周囲とバランス取れない、却下』と瞬時に取捨選択してしまう自分がいます。

実際、ジークス世界を知らないで登録する設定はほぼ、無茶な事が多く、あまりに不許可が多すぎて初期登録時の設定希望は一律不可になってしまった程です。
ルールやガイドを読めばどれだけ設定を実現するのが大変な内容を気軽に登録したのか理解できる筈なのですが・・。

皆、どうせやるなら英雄という気持ちはわかります、責任とらなくていいならやりたいですよね。
それはおいといて。

ロールプレイで気づいた事は、言葉の重みとそれをどの程度把握しているかの格差です。

キャラとして実際に子供を失った者の言葉は重いです。
設定として子供をなくしたと書き込んだ者と、実際にキャラクターが子供を生み、それを失った者との言葉の差、それを見たとき、実際に演じる時の気持ちのかけ方、思考の違い、そしてその言葉の重さの違いはあまりに大きいと感じました。

ロールプレイ、感情移入を見るとき、設定で何かを求めようとする人を忌諱してしまうのは、その設定を本当に演じてもらえるのか?というのを密かに疑ってしまうのかもしれません。
ですから、実際にその境遇に置き、そしてどう演じるのか見てみたい、そしてそこで行動した故に出来上がった設定や状況はその人の本当のロールプレイの結果で作られた背景だとも思います。
願ってその状況にシュチュエーションが来るような事はまずないので、自分の望んだ設定はまずできないのですけどね。

一平民が貴族にのし上がるなんて夢物語だし、それができるのはそれだけのし上がるだけの運と行動力と思考を持てる人物だけです。
そして、そこまでできる人物は設定など、敢えてつけようとしたりしないのです。
なぜなら、自分の実力でそこまでのし上がる才覚と演技をできる事を自分で知っているから、そのような小手先の演出をする必要がない。

 いつも思うのは設定にはデメリット8でメリット2 の状態で敢えて選ぶようなバランスにしておかないと数値の有利さで選ぶ設定は、演じきれる事は少ない。
 ということです。

 どのような状況でもその華麗さの裏には他よりもぬきんでるだけの実力があってそうなったという裏付けがなければ、他参加者は納得できないでしょう。
 もしくは、不相応の采配と力を持ったときの行く末は周囲を不幸にするだけなのかもしれません。