ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


インフルとXBB.1の同時感染も進行か?

www.msn.com

 

後遺症も医療ひっ迫も心配ですね。

中国からは8%、約一割がバイオテロリストとして水際検挙してますが、果たしてどこまで防げるか? 中国の変異型は『情報を中国は公開しない』ので今後各国でバイオテロリストが検挙される事で判明してくると思います。

 

中国が日本、韓国への強い制裁行為を辞さないのは『本当の事を言われるとメンツが潰れる』というあまりにもバカバカしい非科学的な理由なんですが、その中国が、中国からの渡航制限は非科学的だとかもう開いた口が塞がらない話ではあります。

最終的にゲノム解析で答えは出るのでしょうが『感染症はその脅威が判明するまでは最大限警戒して、詳細が分かれば危険度に対して対応を緩める』という至極尤もな対策を中国は自国のメンツで公開すらしないので中国でのコロナ死亡者は1人とかもう話になりません。

 

問題はそういう建前と本音が本末転倒でもそれでもメンツを優先するという中国は本当に国家としておかしいですが、『ロシアも中国もおかしい事をおかしいと言えば粛清される国』というのが独裁国家の粛清されるしかない国民感情なのですが、実際、今回は白紙革命が中国共産党を倒しかねないところまで行ったので急遽ガス抜きというか軍事費よりPCR検査費用が中国経済を破綻しかねないという状況のすったもんだの結果です。

 

オーストラリアは中国からの侵略から逃げ切りましたが、日本は果たしてどうなのでしょうか?かなりの政治家が中国に篭絡されれてる現状と中国頼りの経済では果たして中国依存から脱却できるのか?できなければ数年後の中国の台湾有事にすべて中国に接収されるだけですが果たしてその時、そうされて生き残れる企業がどれだけあるのか?

悩ましい問題です。

有事は相当の損失が経済を吹き飛ばしそうです。