ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


アメリカのマスコミの報道をファクトチェックしないと真実に辿り着かない異常事態

https://www.moeruasia.net/archives/49672968.html

司法庁長官は、『不正の証拠が見つかっていないとは言っていない』

既にマスコミと政府機関との内戦状態に突入を懸念する状態

確かにここで、マスコミは偏向報道を認めたら、国家反逆罪に加担していることになるし、引くに引けない。

マスコミは時間切れを狙いたいが、状況は刻々と変化しているために、果たしてどちらが正しいのでしょうか?

しかし、あからさまな陰謀はどうなんでしょうね

もう、マスコミの反対がおおよそ正しいという、どっかの逆神のような状態になってますから、寧ろ大本営発表として、最近は逆張りを調べてファクトチェックした方が早いのは正直、何とかして欲しい。

相当にマスコミも追い詰められてる見たいですね。
流石に国家反逆罪は、銃殺なので必死みたいです。

CNN内部でもトカゲの尻尾切りされてはたまらないと、指示を出した上司のトランプを失墜させる指示を録音したテープの公開をしようとしてますし、自分だけ銃殺ではたまったものではない実行犯が恩赦求め自白しはじめてます。

アメリカは司法取引が横行するから、風向きが変わると、減刑、恩赦求めて自白が増えます。
当のバイデンですら、選挙辞退で不正選挙の罪を問われないように交渉しようとして中国から牽制されたとも言われますし。

一度、中国に弱味握られると徹底的に工作を命令される上に、その命令が杜撰なだけに、今回の致命的な選挙の数値が異常すぎる結果になったと思われます。

トランプ大嫌いのNY市長も、明らかに掌返ししましたし、報道したくない何かが起きてはいるようです。

この結果はどうなるのでしょうね?

ただ、自分が銃殺の危機になると突然掌を返して尻尾を振る様はそれが処世術だということは良くわかってますが、そのせいで多くの人が職を失ったり、地位を追われたり、一番酷いのはやっぱりトランプなんでしょうけど、滅茶苦茶な言われようでしたが(演説途中で放送切られましたし)、マスコミが流石に酷すぎませんかね?

CIAとFBIはあからさまに自分達のポスト確保のために現職大統領を落選させようとしたわけですし

まさしく戦争だったということがわかります。
でも、兵士が殆ど死なない戦争は寧ろ、第三次世界大戦の序盤戦とは言え、多くの血がこの戦いで流れなかっただけは良かったのかもしれません。

※これを記載後に、不正選挙を調べようとして爆殺されるとか、トランプ支持者が殺されるとか、証言者が脅迫さらるとか相次いでますので、戦争程、死者は出ていなくても、死亡者多数の大問題になってます。

ただし、中国は新型コロナで民間人をベトナム戦争以上の死者を出し続けているという事は忘れてはいけません。
そして、その死者は全世界で未だに止まらないという事、日本人の多くの肉親も亡くなっていくという事は忘れないでください。

それが、今回の戦争の新たなスタイルなのですから