ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


アメリカ、インド洋に、B-2爆撃機配備

https://hosyusokuhou.jp/archives/48884584.html

南シナ海の中国の埋め立て基地に、H-6(マッハ2の対艦ミサイル装備可能)を配備したら、アメリカは基地を爆破出来るB-2爆撃機を配備しました。

確実に応酬合戦になってますが、中国としては、出来るだけ侵略の手を広げておいて、バイデン当選で一気に侵略を黙認させてアジア制覇を完了させたいところ

「中国の地上指揮統制センターを攻撃する用意ができていることを中国に示した。戦略レベルでは『核の三本柱』(地上、潜水艦、爆撃機)を展開する準備も整っているとのメッセージを送った」
尖閣をこれ以上挑発すると核戦争になると、暗に中国に警告…やっぱり、尖閣、日本の頭上でとんでもないことになってる模様

中国としては、アメリカ国民には、なんで日本なんかの為に血を流す必要がある?と厭戦マインドになってもらいたいところ
アメリカと中国の工作はどう最終的には結果として現れるのでしょうか?

これで21世紀の新秩序が決まる戦いですので、日本人の命運が決まると言っても過言ではありません。
とは言え、日本の内部も民主党政権なる前みたいにぐだぐた、一部国防の危機感に目覚めた人もいるけど間に合いますかねぇ

殆どの人が危険性にまったく気づいてないか、関心が無いと思われます。
まぁ、実際に沖縄上陸されるまで、マスコミは取り上げないから気付かないんだろうなぁ、これ

https://1000ya.isis.ne.jp/1584.html
因みにこの基地は、中東に睨みを効かせるための、アメリカの超軍事拠点です。
色々曰のある島だったりします。

キューバ危機とは別次元で勝手にデフコン上がってますよ、これは…。
呑気に盆休み迎えてる日本人は殆ど気付いてないという、知らないって幸せだね状態、まぁ、蒸発するまで気付かない方がいっそ幸せなのかもしれません。

たまに思いますが、ごく低確率の世界滅亡の危機が、キューバ危機や、スパイの活躍で間一髪で防がれたことを知ってしまって不安に怯えるより、知らないまま、のほほんと生きていて最後に知らないまま核兵器で蒸発してしまうのと、どちらが幸せな生涯なのだろうと思う時があります。

無知は罪なのかもしれませんが、果たして不安に戦き生涯を送るより、無知の方が人生楽かもしれません。
まだ、原因を納得して死ぬだけその辺りには意味があるのでしょうか?

尚、ゲーム用シナリオという事になってますので、本気にしないように。(棒読み)