ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


自分の手の届かない範囲は祈るしかない。

多くの収拾する情報や意見、そしてここには載せない部分やそれ以外の情報が如何に個々の考え方の違い、すり合わせの難しさと大切さを感じさせられるのですが、同時に見えている答えと、すべきこと、判っていて行えない部分、管理者として出してはならない言葉があります。

Blogでは管理者、公人の立場の発言に終始しますが、同時に私人としての意見は別に持っています。
ただ、発言すると公人としての意見として受け取られる場合が多い為、出すことは滅多にないと思いますが。

ただ、一言、公私共に参加者には期待しています。
ですが、それだけでは運営は回らないとき、管理者は対応を行いますが、本当に期待しているのは皆さんがどうしたいか、どう行動するかなのです。
それがなければ、管理者は行動しない事を判定にいれる事になります。

同時にそれは、意思表示しない、道を提示しない管理者側にも非があるでしょう。
常に問題は一方的な状況で片方だけが悪いことは少ないものです。*1

トラブルが生じた際に、常に双方の意見を聞く必要を感じ、対応するのもその為ですし、また、GM自身、問題は常に一方的に発生するものではないと考えています。
不満の理由、恐らくそれぞれに自分の行動ではどうしようもない部分に起因する場合も多いと思います。
と、同時に、それは完全に一方的な理由で発生する事も少ないものです。

状況の改善の為に多くの声を聞いてきましたが、同時にそれ故に、全ての希望や考え方に対応するのは難しく、どこかで自分の意思を貫いて立て直す必要も感じてもいます。
決断は多くの場合、反対意見が出るものです、また、情報収集の過程を逆算しての匿名の意見もお聞きしますが、それを参考には出来ません。

暫く管理に集中すると共に、ゲーム内での意見集約、調整にとりかかるべきだとも思います。

まず、現状の満足している人を守り、その上で不満のある方の問題点の意見を集約し対処します。
しかしそれは管理者を含めて、自分も行動しなければ決して改善されるものではないという事を心してください。
前文の通り、トラブルは相手だけが理由で生じる事は少ないのです。

私人としての考えや言動は公人よりもより辛辣で容赦ない場合もありますが、同時に参加者と一緒に楽しみたい意思に変わりはありません。
幾つかの対案を考えておりますが、全て参加者の意思を尊重する形で進めたいとは思います。
と同時に、それは、全てお膳立てされるものでもない故に、不満の格差が出てしまうものだとも思います。

改善は出来ます、ですが、それは皆さんに公平に提供されるものではなく、皆さんの行動に比例するものになってしまうことは避けられないもしれません。

ごめんなさい。
最初に謝っておきます。
多くの参加者を待機状態を強いてしまい申し訳ありませんでした、その部分は今後の別展開でフォローできればと思います。

過去の良さを振り返ってもそれを行える人が自分でない限りそれは叶いません。
あまりの充実したサポート体制に管理者も甘えておりました。
ですが、それは、予想していた通り、自発的に行っているもので永遠ではありえません。
いつか、このようにサポート体制が限界がくることはわかっていましたし、その際に、現実を参加者の皆さんが認識できるかどうか不安でもありました。
果たして、そこでどう選択するか、それは参加者次第ですし、そしてそのおおよその参加者の行動も予測しています。
そして、その先の対応に向けて管理者は動いています。
ですが、シナリオ展開同様、先は予想しきれません。

管理者の予想を超えた展開となるのか、それよりも更に対応を誤るように見えるのか。
ですが、多くの方は気付かないものですが、ifは常に、良い方向の可能性を見がちです。
現状の対応が、より大きなトラブルを避けたゆえの選択である事を人は知らずに状況を判断します。

時代と共に人の行動も考え方も、その人というより時代の風潮として変わっていく事もあるでしょう。
で、あればそれにあわせてシステムを変えていく、そして変えていく先に受け入れられるもの、離れていくものがあるでしょう。

迎合ではなく、理解され楽しめるもの、それは理解されない方には大きな壁になります。
既に時代遅れの考えでもあると思いますし、その弊害は多くの場所に見えるかもしれません。

それに対しての方策は長期的には考えてはいます、幾つかのテストを今後行う事になると思います。
その答えが、皆さんの望むものが出ることを祈りたいと思います。

その時代時代のメディアを使用してファンタジーRPGを楽しむのがコンセプトでもあります。
状況の改善には数ヶ月を最低でも予定しています。
どのような答えになるかどうか、また、その間のご意見は参加者の皆さんには直接お願い致します。

今回の方向修正は皆さんの聞こえない声を出来るだけ拾いたいとも思っております。
どこまで出来るかはわかりませんが。

楽しさの認識の違い、もう一度、話し合ってみる機会じゃないかな?と思います。

*1:他人の非をあげつらうことでは状況の多くは改善しませんし、多くは悪化します。そしてその原因は相手にだけある事は少ないものです。