ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ドイツ、クーデター失敗! Qアノン、また、何やらかしてんだ?!

https://www.bbc.com/japanese/63884601

 

1871年ドイツ帝国に模した新国家「第二帝国」を樹立しようとしていたという。

もう、本気でラノベネタを現実でやろうと思っていた模様、『第二帝国の復活』もう、その辺はシナリオ書くには面白過ぎるネタです。

ヒットラーが築いたとされるのが『第三帝国』、第二帝国の次の時代の帝国という意味になります。

第二帝国の復活ってゲームシナリオでは痺れるネタですが、現実にクーデター考えていたとかは洒落になりません。

実際問題日本でもオウム真理教がクーデターを計画だけはしていたのは有名な話です。

現実に実行して成功させようとなると政権転覆でとんでもない話になります。

現代でもその辺が計画されてるのが恐ろしい話ですが…。

 

何やらQアノンが計画実行しようとした模様

今のQアノンってどうなってるの?

Qから離れて独立暴走してんのでしょうかね?

さっぱりよくわかりませんけど背後関係どうなってんでしょうかね?

 

そもそもQアノンの全容がさっぱり見えませんし

過激派に種類が一杯あるようなもんなのですかね?

 

Qアノンの実体がさっぱりわからない、Qまではなんとなく想像は付くんですけども…。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Q%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%B3

 

尚、物語の資料として調べたり、世界線の違う世界でのお話として架空戦記として語るなら面白いですが、現実に踏み込んだらテロリストになってしまいますから、その辺は現実と虚構の区別が付かないとおかしな事になってしまいます。

その辺は区別が付いてない人が多いのかもしれないのは怖いことです。

 

陰謀論が全部真実と思うのは大変危険なことです。

ただ、Twitterのようにイーロンマスクが真実を明かしたように隠蔽された情報があるだけに余計ややこしいんですけどね。

事実と虚構が入り交じったとき人は信じたいものを信じてしまうので本当にややこしくなります。

実際に誘導してプロパガンダはしてるからそれは事実なんだけどそこに虚構を挟み込むから信じたい人は虚構を信じてしまうからもう立ち位置がどんどんおかしくなります。

 

日本だとJアノンらしいですが…少なくとも自分だけは正しい情報を持っていると思いだすとこの辺は深みに嵌まって抜けだせなくなります。

マスコミは間違っている、だからQアノン、Jアノンは正しいの二極思考は大変危険です。

すべての情報がベクトルを持って発信者によって歪められてる可能性は見て補正しないとなんともわかりません。

 

果たして真実と事実はどのくらい解離してるんでしょうね?

宗教的に盲目に信じるのはどんなものでも危険です。