ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ネアンデルタール人は飢餓に強かった、この遺伝子情報を持つのは13%

www.yomiuri.co.jp


今回、コロナウイルスの症状の反応に違いがあるとも言われます遺伝子情報ですが、持っていると飢餓に強い模様
ただ、飽食の現代には発露することは無いですが、戦場、敗戦時などには大きく影響するでしょう。

※フランスがナチスドイツに占領時、占領政策で殆ど食料配布が満足に行われなかった為に多くの子供が餓死をしました。
ウクライナ侵略戦争の根幹にあるロシアへの憎しみは、飢饉の際にウクライナ住民の殆どが飢餓を経験し、多くが餓死しており、ロシアへの不信感が根強いからです。

この遺伝子は冬山での遭難や落盤事故、大地震で多くの人が死亡しても奇跡的に生き残る等、生死を分けることになる遺伝子の可能性がありますが、カルでアネスの板の状況の場合、遺伝子以外の要素も大きいので一要素と言えるかもしれません。

ウクライナでも餓死が起きていますが、逆に「長く苦しむ」とも言えます。
状況を生き抜く要素を活かすかどうかは『本人次第』と言えるでしょう。

ウクライナ対岸の火事と思っている人は遠からず、その報復を受けることになるかも知れません。
既に影響を受けまくってますが、ウクライナ戦争で世界線が大きく変わってしまいましたが、それが目に見えて理解できる人は日本人には殆ど居ないでしょう。
全て読み解けるのは諸葛亮孔明とかヤン位かもですが…。