ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


中国不動産バブル崩壊、アメリカ主導で最終的には中国解体への動きか?

news-us.org

 

まぁ、ボケ老人バイデン大統領だとどこまでできますかね?

少なくとも中国のドル資産はむしり取ってくでしょう

なけりゃ、アメリカの中国資産という話になってくるし…。

 

どこまでバイデンはこの集団訴訟を利用するかでしょうかねぇ…。

中国共産党に無視されて終わりという事になるかどうか、

そのうちアメリカのやり方が見えてきそうです。

 

紙屑になった社債を買い漁って次のステップを狙う山師も出てるみたいですし

はてさて、どうなるのでしょうね?

アメリカのえげつないやり口が、これまた仁義なき中国に通用するか?

 

どうなるんでしょうね?

 

因みに、対中国 CIA部署が拡張されたそうです。

碌な事画策しない方々は今回は何をたくらむのでしょうかね?

 

たぶん、このごたごたで、中国のドル資産は更に削られると思います。

アメリカ、中国の使えるドルを減らせるなら理由はなんでも良さそうな気がしますよ?

 

中国は巨大すぎて、巨大マグロみたいなもので泳ぎ続けないと死んでしまいます。

タンカーで買い付けた重油なども数日で使い切ってしまうくらい経済消費は化け物です、そしてその重油がドル不足で買い付けもまとも出来ず、停電となってますし

 

追い込めるなら何でも理由にしてきそうです。

ただ、人民の消費を潰して軍事用に転用したとなると一気にきな臭くなるので、この先、どうなるんでしょうね、ホントに…。

 

 

歴史を知っている方なら、重油やくず鉄の輸出禁止、重油が干上がったあがりで、ハルノートという、大日本帝国を開戦に持って行ったアメリカの締めあげ方を記憶にあるでしょうが、今回はドルを引き上げて、経済的に破綻させてしまうつもりなのでしょうかね?

日本は戦争しかなくなりましたが、中国は果たしてどうなりますか

そもそもバイデンはどっちの味方を裏で演じてるのかもわからないのでなんともわかりません。

恐らくは自発的に中国共産党を中国人が倒す事を期待しているんでしょうけれど、そううまくいくでしょうか?

毎日のように暴動は蜂起していても一切報道されません、中国共産党員はほぼ10人に一人、とはいえ、人民解放軍が何かあれば鎮圧してしまいます。

まだまだこの程度では中国人が中国共産党人民解放軍と戦うというのは想像できません。

 

各国の掌返しがどうなってくるのか… 第三次世界大戦はどの国も勝ち組にいたいのが本音ですから、はてさて、アメリカは初戦でやられましたが、反撃は生半やり方はしないのでどうなりますでしょうか?