ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


高齢者がそろそろ接種が始まったので、怖がる方もいるかもしれませんが痛くはあまりないです

あくまでも個人的な感想ですが…。

皮下注射なので、激痛が走るとか恐怖している人もいるかもしれませんが、痛みはインフルエンザワクチンと変わらないか、寧ろ痛みは少ないかもしれません。
(個人差はあると思いますが)

詳しくは広報から出ている物を参考にしてください。
一回目の注射から、15分待機、自分は当日、腕のインフルエンザと同様の感覚
熱や頭痛は殆どなく、腕の痛みも翌日には抜けました。

二回目は寒気と間接の痛みが翌日昼頃まで、朝方微熱という感じでした。
やはり二回目の症状は重くなる傾向は個人差は大きくてもありそうです。

今回、都市部では大阪、東京での自治体での接種と、国の接種が混乱を拍車をかけそうです。
管理システムが統一されていないため、自主的に不要分をキャンセルしないと無駄にワクチンを待機させて使い回せないため廃棄することになるため、今後の運用が混乱しそうです。

まだ、種類の違うワクチンを打ったり、期間をおかないで手続きミスで同日二回打ったりで海外で倒れたりと、現場の混乱を、接種者も正しく答えて自己防衛しないと問題が起きるかもしれません。

最低一回はとにかく国民に打たせて感染者のグラフの伸びを押さえたい所ですが、変異型の感染経路が異常です。
何なんでしょうね、これ

尚、鵜呑みにしないで政府の公的機関の報道等、ソースの信憑性を勘案して自分の身を守ってください。

ワクチンは重症化を抑えるもので感染を防ぐものではないので、接種したからといって、マスクをしなくて良いわけではありません(マスクの有効性は完璧ではありません、ないよりましも忘れないで)