ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


インド、子供の抗体 25% 日本人は、大人で1%未満

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210205-00000102-reut-asia

子供の25%が既に感染、完治しているなら、インドの死亡率との解離もありそう。

ただ、スペイン風邪は、大体3年で全世界に拡散して殆どの人がかかって死ぬか、完治したので、そこで集団免疫状態になりました。
インドでは、既に感染が広まっている感じですね。
今回はBC兵器の出来損ないなので、仕掛けをなにか他に仕掛けてないか気になります。

やはり、このウイルスは何かがおかしいような気がする。

但し、日本人は、世界と比べて潔癖症であり、ある意味未来に生きてる超免疫力の微妙な人達(なんでも触れる前に殺菌してしまうので、抗体ができる前に殺菌するので、自然な抗体獲得が少ないです)
かたや、インドのガンジス川(日本人が泳げば二日は寝込むか下手すると死んでしまう)を平気で水浴び、沐浴出来るだけの、生来の免疫力を持っています。

この差なんでしょうかね?
免疫力は、免疫細胞が異物を検知して記憶というかヘルパーT細胞が指令を出し、記憶細胞が学習しB細胞とタッグを組んで抗体を作るわけですが、インドの子供達は、百戦錬磨の強者、日本人は潔癖症故に殆ど耐性がないと言えます。

けど、それだけ何でしょうか?
謎が深まっていくお話です。

インドがファイザー製のワクチンを避けたのも、金額、接種回数もあるでしょうが、非常に意味深な気がします。

そもそも、インドで、-70度とか維持管理無理あるだろという問題が先に来たのかもしれません。

今のところ、インドは対中国に対しての政策は大体は的確に的をついていますから、日本人は、なし崩しに、子宮筋腫ワクチンや薬害エイズ問題を起こしているので、一度動き出したら、Noと言える人が居ません。(それが問題になって責任を取りたくないので)

大丈夫なんでしょうか?

ともかく、医療従事者の最初の接種で、アナフィラキシーショックの比率の初期対応、対応ミスでどの程度致命傷になるのか、ある程度は事前に接種する医療従事者も警戒していますから、ある程度は安全にデータはとれるとは思います。

普通、10年かけて臨床するワクチンを半年で何とかしようという話なので、その無茶振りの被害は接種者に丸投げなのにそのリスクは製薬会社は負わないという、丸儲けの構図なので、余計信用されていません。

ともかく、製薬会社も自分の作った製品がどのような結果となろうと、とにかくは売れないと開発費が丸損ですから、タイミング、シェア含めて必死です。

最大70億分の巨大市場ですから、性能はともかく売らないという選択肢はありません。

後遺症そっちのけなのかどうかは、これから、わかります。
ともかく世界初の試みですから、多くの接種者が、世界初の月面着陸のクルーのような、ライトスタッフと同じく使命を背負っているのかもしれません。

問題は果たして一丸となってミッションを成功させようとする気概を皆が持っているのかどうか

金儲け主義がどこかに混じっているとミッションは失敗する可能性は無いわけではありませんが、その成否と発射を決める、管制塔の発射管制官がリスクを理解しているのか、かなり不安です。

初期ロケットは、初回はよく発射直後に爆発もしたものです、月面到達までは多くの犠牲によって成り立っています。

見守るしかありませんけども。
多くのライトスタッフの健闘を祈ります。


菅主導の巨大プロジェクトは、政治家がプロジェクトの本質を理解していないので、多くの巨大プロジェクトはそれ故に大失敗していますが、今回もプロジェクトXなんて言われていますが、国民全員に接種させるのが目的なのでなくて、国民の健康と安全を守るのが目的なのに、既に履き違えて利権で突き進んでいるこのプロジェクト、結果はともかく、どういう結果をもたらすのか、自分達の命に直接関わる以上、注意深く見守るしかありません。

政治家が国民の健康と財産を本気で守る気があるなら、元々 go to含めてこんな惨状にはなっていないので今更ですが、今回だけは自分の将来の健康に直結しますからただ事ではありません。


中国が自国より台湾を優先して中国ワクチンを接種させようとしている通り、利己主義の国が他人に生命の危機を譲るとか、普通に考えてありません、実際、ワクチンは全世界で奪い合いです。
マスクや防護衣を不足時には嘘をついて買い占めたあの国がです。

何かがおかしいですが、そのおかしい意味が接種してみないとわからないのが不安ですね。

ともかく自分の健康と安全に直結する以上、最大限情報を収集して身を守るしかありません。

イスラエルの接種データを許容範囲とみるかどうか、日本が同じデータとなるのかどうか?
この辺は今後の展開を注意深く見守るしかありません。

今回、PCRデータを通じて、全世界のDNAサンプルを集めているという噂もあります。

次回はもっと上手くやるつもりなのかも知れません
(何を???)


追伸:陰謀論では無いですが、ある程度答えを知ってて、敢えて目先の利益の為に声を上げない人達と、組織のしがらみからあげられない人達、そんなことを言ってる余裕すらない人達と、どんどん逼迫していく状況……敗戦末期の大日本帝国の首脳部のツケを現場が払って万歳突撃して死んでくのと似てませんかね?
(現場が無駄な万歳突撃で死んでくのも、日本人はアメリカには体格でも装備でも勝てないからすぐに逃げ出すから(当たり前だ) それで戦線崩壊されると(首脳部が)困るから、それなら、死ねという、滅茶苦茶な論法で成り立っている戦いかたなんです。)

現世で、21世紀でまだ、大日本帝国の影を無能にも背負ってるなら、本当に、南方で餓死した英霊に、切腹して詫びないとならないような気がします。