ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


台湾のMSIのCEO、7階のビルより転落死亡

https://news.yahoo.co.jp/articles/c94c02b8ee3d50ffda36eb9c7296f7a79ed34cd6

この情勢下だと、もう、何が起こってるのかわからない
一体何が起きてるのだろう?

健康不安説が出ていますが家族には心当たりがないという。
以下、機械翻訳

MSIのCEO兼ゼネラルマネージャーであり、MSIのディレクターでもあるJiang Shengchang氏は、新北市のZhonghe地区にある同社の7階で息を切らしている。治安部隊の発見後、警察は午後1時53分に報告を受け取り、双河病院に急いで行きましたが、彼らはまだ死んだと宣言し、56歳で死亡しました。

Jiang ShengchangはMSIに20年以上勤務しており、2019年1月にMSIのCEOを務めました。多くの報告に基づいて、警察は、Jiang Shengchangが最近心臓病薬を服用しており、自殺の記録を残していないと述べました。調査では、外部介入は当初除外されました。モニター画面によると、江盛昌は一人で7階に行ったそうです。

家族は、江盛昌が高血圧やその他の心血管疾患を患っており、関連する医療記録も持っていることを明らかにしましたが、最近、家族との喧嘩がありましたが、自殺についての考えは一切明らかにされていません。

さらに、MSIの内部発表によると、江盛昌は個人の健康上の要因により死亡したと述べ、MSIは緊急対応措置を開始し、すべての運用が正常であることを強調しました。MSIはまた、その背後にある理由は公務に関連するべきではないという報告で回答しました。


どうやら、msiは、背後には何ら関係性はないとの姿勢です。
取りあえずは、これが公式見解となりそうです。






これは、直接関係ない話、

「中国人を怒らせると飼い犬・飼い猫にいたるまで報復対象にかかわった者はすべて皆殺しにされる」
「中国人の面子をつぶしたら死ぬまで報復される」
「中国人と喧嘩するなら殺す気でやれ」

Twitterでの、ファーウェイとの取引での教訓だそうです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/df0c3590b0bee59ac49dd9fe9b156584c93cca50
ファーウェイによる、仁義なき戦い、カナダトップ
企業を潰し、ファーウェイがシェアを奪う。

因みにファーウェイは、NECが取引先をファーウェイから、自社サプライに切り替えたら、現地子会社自体を乗っ取って、子会社自体をNECが買い取るか、プロジェクト自体を諦めるか迫った事があるそうです。
中国企業の面子を潰すと、人死にが出ますが、今回は何が起きたのでしょうか?

いずれ詳細はわかるのか、わからないで闇の中か
台湾のMSIのCEOがそんな死にかたするってのは普通じゃない気がしますけど、一体何が?

中国も多くの工場が水没してそうだし
何がおきてんだろう?

そのうち何らかの報道はされそうですから、続報を待ちましょう。

直接は関係ないけど、この中国の洪水で中国からの企業の脱却加速すると思うけど、中国から逃げ出すのも容易ではないと思うから大丈夫なんでしょうかね?

中国現地工場の撤退って、中国利権側が許さないから、ヤクザの落とし前並みに酷い目に合いそうで怖い
元々中国からの撤退は、工場も設備もおいてけ、更に違約金も払えだから、一度手を組んだら、逃げ出せない事になりそうでね、短期的には人件費浮くけど、長期的にはあとが怖いことも多いようです。

尚、今はともかく少し前迄は、中国に工場を建てる時は、技術的ノウハウを文書にして提出することで、企業ノウハウを中国に明け渡すことで審査通るとかがあるので、単価を下げる為に製造ノウハウも売り渡すので、中国でコピー出来るレベルの製品だと、ライバル企業に売り渡すような事に工場設立時になります、中国が急拡大してきたのはその辺りにも理由があります。
短期的には製造単価下げられるのですが、長期的には企業のノウハウを中国にコピーされてしまうのを覚悟で工場設立となります。

お陰で大抵の家電はやられましたけど。
もう、日本の家電は殆ど中国傘下になっちゃいました。

チャイナリスクだし、そう言うものなのかも知れませんが、一度でも中国と関わった人が中国に対して及び腰になるのはそう言うことらしいです。

最近は中国行ったら逮捕されそうで怖いわ