ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


現状での日本、アメリカへの中国人の国民感情

https://asiareaction.com/blog-entry-4488.html

やらかしてしまったことに怯える人も、政治介入と憤る人も、それぞれに不安はあるようす。

アメリカの期待する民主化、きんぺーを引きずり下ろすという流れにはならないのが、検閲される中国らしいところ

(その辺の徴候のある検閲出来ないゲーム内チャット等はゲーム自体が発売禁止になる)

国民自体を尤も信用していない体制というのが、独裁国家では、あるので、その片鱗がよく分かる流れ

リンク先のコメントより

中国スパイウェアアプリ一覧


Simeji
TikTok
Zoom
荒野行動
アズールレーン


インド政府は現地時間6月29日夜に、「インドの国家安全と防衛を脅かす行為を行い、最終的にはインドの主権と倫理を侵害している」として中国企業が開発した59のアプリを禁止すると発表した(インド政府リリース)。インドと中国という世界で最も大きな人口を抱える2つの国の最新の睨み合いとなる。

しかし、リモートやって、会社の機密情報中国に流れる日本は、本当に大丈夫なんだろうか?
これで、中国が、パチもん急成長したんだよなぁ

※中国工場建設時に、製造ノウハウを書類提出しないと工場建設出来ないので、パチもんが中国に作られるのを了承しないと中国進出出来ない。
家電は殆どこれで、全滅
但し、不思議なことに自動車エンジンだけはコピーが出来なかった模様

昔、日本もアメリカのコピー製造でのしあがったが、今は中国が、設計図込みで寄越せという時代なので、中国が急成長してのはこの辺にある。

で、手に入らないものはハッキングするので、デザインだけはにたものが国防関連では、アメリカ戦闘機のシルエットだけは似ている中国製品が多い

でも、空力制御をソフトで行う極端なステルス爆撃機とかは、デザインだけを真似すると落ちるので、その辺は見たことない、多分作っても飛ばないのだろう