ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


中国、食料危機を自分で招く、危機的状況に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200601-00000096-reut-cn

アメリカのからの食料輸入を停止へ
メンツから、どうせ戦争になるなら、アメリカから停止させられるより、自分で停止した方がメンツは立つという目算なのだが、実際はそれでなくても食料危機なのに他国からの輸入も高騰する、インドの蝗の害から、今年の食料事情は悪化は確実なので、中国は香港経由での外貨を得られない上に食料輸入も制限される、昔の戦時下の日本みたいになる。

今の中国の裕福層がサツマイモだけで満足するとは思えないし、6億人の月収15000円の貧困層は食料高騰で餓死する。
国民が飢えたら共産党を支持しなくなる。
飢えることはそのまま、生きるために暴動になる。
こればかりは止められない。
黙って餓死する人は居ないから、中国全土で暴動になる。

ただ、別の見方をすると、肉を切らせて骨を断つで、大豆農家のトランプ支持を覆らせる効果はあります。
トランプを潰せる確信があるなら、大統領がすげ変わってから、輸入再開させればいいわけで、アメリカにされるのでなければ自分側で制御出来るので、トランプ支持票を減らす目的としてはありかもしれません。
リスクとメリットと面子と考えると搦め手としてアリなのでしょうか?
そのうち答えが出そうです。

勿論他の国から輸入すれば良いのですが、食料危機で奪い合いのうえに、ブロック経済で買い付けもままなりません。

とりあえずは、その煽りで日本の食料事情も高騰しそうです。

これって結局中国内分の不満と内乱を暴発させると思うんだけどな食料高騰で餓死者が出る騒ぎになるから、本格的に両国の対立は決定的になりそうです。