ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


仮想通貨に見るチューリップバブル

以前、靴磨きの警告をしていましたが、億り人は、億を稼ぐだけの才覚があるだけに、無事逃げ切れたと思います。
そうでないと今頃、逆億り人になってると思いますが…。

今回、マインニングしている人が日本の電気代ではそろそろ限界なのでマインニングPCを引き払うと言っていたので、そろそろだとは思っていましたが、そもそも自由に仮想通貨が盗まれる状態で保証されない状態では、本当にチューリップバブルだったという事になってしまいます。
誰も担保しないお金の出る泉は、源泉を盗んでしまえば枯渇するという事になってしまいますし。

ビットコイン誕生から10周年!消えた仮想通貨は何種類? - 仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

ただ、バブル景気同様、終末は来るにしろ、相場の神様は後ろ髪がありません、ブームにマスコミがCMをかけたりとある雑誌にもうけ話が載るようになったら、『CMや雑誌に載せられた最終乗車客が皆刈り取られるタイミング』と思った方が良かったりします。(※カモ探しが終了してCM打っても利益が下回るようになると、CMも終了するので、その辺を見ても回収タイミングとチャートはそれなりに連動します、企業は雑誌やCMに巨額をつぎ込んで、カモを募集しますが、それは企業側の収益としてカモが彼らなりに集められると試算した結果です ※見てると偶に間違って大損してそうな場合もあるけど だから市場が崩壊したらいつの間にか雑誌やCMから調子のいいCMや煽り文句は消えます)

こういう話は不都合な真実なので決して、その手の雑誌にCMは乗っても、こういう話は書かれません、また、今雑誌や新聞の背景の企業の支配色ほんと濃いですよねぇ… 日本って一体、どこの国にマスコミって牛耳られてるんだろうって思うくらい、情報の脚色、ねつ造が酷すぎる時代が進んでます。

こういう事を学校で商業としてきちんと教えればいいのに、学校は、基本、奴隷労働者で国策に疑問を持たないで働く労働者が必要な知識だけを教えようとするから、リボ払いで支払ってしまう*1若い世代を生むことになります。
つまり、国の政治も税金も疑問を持たない国民がいっぱいいた方がいいというのが暗に答えという事になります。
逆に、東大などを簡単に入れる自頭の高い人達はその仕組みを教えられなくても理解するので、自分達で起業して財を成します(※但し民間企業の10年後まで残っている確率は10%以下という事を考えて企業する場合は煽り文句に乗せられずによく資産と業務計画を考えて起業しましょう、凡人に同じ事が簡単にできるわけでもないのです)

逆を言えば、そうなる前に購入し、売り抜ければ、バブル時の土地売買同様、財産を築くことができます、山師、相場師の領域ですし、大抵は手を出すと破滅が待ってますが、可能性はゼロではありませんが、ゼロサムゲームの為、自分の利益分、誰かに損失を押し付ける血塗られたゲームなので、ジョーカーを引かされるように一般客がなっている仕組みを理解し、ディーラーの傍で掠め取れるかどうかの勝負となります。

…大抵は死屍累々となりますけども。

それと、相場に手を出すのは、小豆相場以来、綿々と手口が巧妙になっていきますが、基本胴元が儲かる仕組みになってます、そうでなければCMや電話勧誘でカモを探す必要がありません、自分で相場に乗っかり密かに儲けます、つまり本当に儲かる話は誰も教えず巨万の富を築いているので、CMを打つのは最終電車で首を括る為のカモ探しと気付けない人は、電車に飛び込む事になります。
相場やギャンブル、株取引は、必ずレバリッジをかけて取引をしたくなると思いますが、資産の範囲ないでやらないと、ロスカットも操作されて資産を超えて追証が発生します、更に恐ろしい事に、自己破産できません(ギャンブル類や株取引等*2 での損失は自己破産での免責を得られません)

ビットコイン等の仮想通貨で借金を背負った場合は破産できるのか?|債務整理ナビ
仮想通貨で自己破産?!深刻な借金を背負うリスクを解説 | 弁護士法人泉総合法律事務所

取り合えず、電車に飛び込む前に、初犯なら、自己破産できるかどうか相談してみましょう。

…どことは言いませんが、チャートが定期的に飛び跳ねて、レバリッジ殺しをする業者や、業者の親玉がヤ〇ザだったりする業者もあります、業者選びを間違うと、自分の財産を全部持ってかれるなんて事も良く起きますので、他人にお金を預けると大抵は適当に扱われる(銀行員だって仕事で必要以上には丁寧にお金は扱いません、所有者だけがお金に執着するだけです、そもそも日本銀行券は、金本位制ではなくなったので、日本という信用を紙に書き込んだ印刷物を、皆、お金と信じ込んでる只の紙です、なので職場で仕事でお金を扱う場合は現金は只の紙の束です)のは当然の事です。


非常に危険な取引である事を理解した上で、死なないように富を築いてくださいね。(今回ビットコインリーマンショックで吹っ飛ばされた経験のない若い人達が首を突っ込んだ感があるので、修羅場を経験した人は既に皆討ち死にした後の相場とも言えますので… 毎回定期的にこういう事は起こるんですが… 毎回新人を刈り取って去っていく)
海外旅行での引きおろしや、外貨預金用に為替取引は学びましたが、あまり使い勝手も良くないので今は、知識だけで運用は殆どしてませんが、胴元がどう儲かるか、どう操作して利益とカモから掠め取るのかを理解すると、どんだけ危険かは理解できると思います。

それでも敢えて挑むなら自己責任だと思いますし…。
ただ、今回は年を越えずに崩壊しましたので、まだ良心的だったかもと思います、年越えの確定申告時に破綻しても税金だけを納めないとならないという二重の地獄には今回はならなかっただけ、死傷者は少なく済むはずです。

一番悲惨なのは、年内に利確して利益を出して、翌年納税時にはロスカットして、ロスカットした通貨の前利益分の巨額の税金を納める事になる場合ですので…。

…なので、年末年始にはもう一波乱あるかもしれません。



※追伸:相場を何年も生き残っている人は知っている筈ですが、年末は多くの人達がクリスマス以降、年末年始は手じまいを終えて、相場には手を出しません、この為、市場が閑散とする為、振れ幅が異常に大きくなります、故に安全策を取る多くの人は手を出さないと同時に差益(ボラ:ボラリティ)は非常に大きくなる傾向があります。
但し、この時期に手を出すと、どのように大ナタで刈り取られるかチャートでわかりますので、気になる人は見てみてください。
すげーえげつないから。

株価も2万円を切る動きを年末にやらかしたから、株取引をしている人も相当肝が冷えて結構辛いシーンはあったんじゃないかなと思います、この手のは資金力のない人をロングもショートも両方刈って相場を動かす人の養分になったのがチャートで見えると思います*3、なかなか一般顧客はカモられる世界ってのが今年も見ていて思いました。

年末年始、心穏やかに過ごすためにはこの時期の相場には手を出さない方が安心して眠れますよ?(そもそも余剰資金で失ってよいお金以外は手を出してはいけません、そもそも自己責任論の世界ですので手は出さない方がいいと思いますが…。でないと簡単に相手のカモとなるように相場は動きます(動かしている額が違うので)レバリッジを使わない人ですら異常数値を胴元が出してロスカットさせる状況を見て、勉強代を置いてみるだけに今はしています、本気でやるとリターンも大きいですが、リスクの方が大きいシーンのほうが多すぎですのでお勧めはしません、確かに乗り切れば面白いチャートはいっぱいありますが、その裏を見ると恐ろしすぎる…。)

ただ、来年は戦争も絡んでくる可能性もありますし、戦争絡むと通常のチャートでは考えられない事が起こるので、胴元の会社自体が吹っ飛んだり、一攫千金も可能な市場が生まれる事もありますが、逆に損失額も天文学数字(リーマンショックみたいな大不況)って事も起こりえます、乗り切れば財を築きますが、大抵は奈落に転がり落ちます。
オーガが高笑いしそうな話ですので本気にしないようにね。

それでは、良いお年を (年末追伸記入)

*1:学校で金利計算を教えないし、リボ払いを銀行やカード会社はポイントをつけて誘導しますが、危険性はどこも警告しないという…、『バカ程騙される仕組み』ってのが世の中多すぎます、だからオレオレ詐欺が無くらないのと一緒の事を企業がやってるようなもんですし…。仕組みを理解しないほうが悪いとか、疑わない方が悪いとか、世の中、疑わない人達をカモにしすぎでしょ、ほんと

*2:※再犯、過度のレバリッジをかけての取引等、ギャンブル性の高い取引等、酌量余地があるかどうかが問題となります

*3:正月や年末年始のお金の動かしにくくなるところを狙って、大抵仕掛けられます、で、帰省中のロスカット設定を綺麗に、ロングもショートも刈り取るように値動きして、不在中の対応不能を綺麗に全部かき集めて回収されるので、帰ってきたらロスカットみたいなオチもあるので、慣れてくるとクリスマス前に手じまいして、不安を無くして帰省や正月を過ごす人が多いようです、というか不安で睡眠不足になるので、こういう取引というより、ギャンブルは見てるだけで手はもう出さないようにしてますが…元々投資はともかく、ギャンブルは確実に胴元にお金を捨てる仕組みなので付き合いきれませんので…。元々金勘定とお金を増やすのは大好きですが、ギャンブルは精神衛生上非常に苦手なので…