ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


桝田方式によるユーザーストーリーの作り方(1)

桝田方式によるユーザーストーリーの作り方(1)::Colorful Pieces of Game

そういやジークスは倒すラスボス設定がないのと、テスト段階という事でリミッターのような成長曲線を用意している。
これは、入ってきた新人さんとベテランさんの能力格差は必ず存在して最初はかなりの大きさになるがすぐに縮まっていき、ほぼ同じではあるが限りなく近いが格差はわずかながらに存在する形
更にその最大値はそのゲームで展開中のモンスターの上限強度とだいたい似かより、更に拡張で敵が強くなると、ユーザーの成長曲線の最大値も引き上げて調整をとるという方法

この場合、最初はあからさまに戦力差が出るが、それ以降はテクニックと人数勝負になってくる。
…最近はソロゲー指向が強まっているのでその辺も調整が必要だとは思うけども。

いずれはラスボス設定をしたらこんな感じでレベル設定が必要なのかもしんないな。
シナリオが進むにつれ、敵の強さもインフレしてくる。

この辺は、3すくみのじゃんけん要素的なバランスもいれとくと、攻略に多少頭をひねる事ができるんだけど、戦闘最中に武装変更できないと対処不能になっちゃうから、ちと今のシステムでは問題が微妙にあるんだよね。
一瞬の不注意で重傷なっちゃうのも、やる気を削ぐし。*1
RPGはどんな人でも経験を積めば最終的に勝った気持ちになれるシステムだと思う、成功体験は楽しいし面白い…最初は、ただ、慣れるとどんな物でも飽きる。

今はその辺もインフレしているから、作る方もほんと大変なんだろうなぁとは思う。

ゲームデザインってのは地味な仕事なのである。

…少しでも派手な部分を先に作ろうとして、膨大なデータ打ち込みの山の前に、敵前逃亡したくなるGMがここに一人
…やっぱり銃殺ものですかねぇ…。

既にベースのあるシステムに改変してこれだから、まるっと一から全部データ起こすとなると本当に一人でどうこうするのは気が遠くなる。

*1:WizのBUSINはこのタイプ、だから、常に敵パターンに的確に対処しないと大ダメージ食らう。 これはこれで圧倒的なファンがついてるけど、同時にポチポチクリックゲーしているタイプのユーザーはコントローラー投げつけると思う…だが、それがいいのだろう、敷居高くしてその辺でユーザぶった切るというのはソーシャルではなしだろうけど、コア層狙いならアリなんだろうなぁ、ダークソウルだって一定の評価受けてるし、死んで覚える系は好みが分かれるけど、昔はそれで普通だったけど、今はそういのが好きな人にしか受けないんだろう、というかゲーム機やPCスペックの仕様上贅沢できなかっただけというのもあったけど