ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ソードアートオンライン

TVアニメ「ソードアート・オンライン」オフィシャルサイト

ソードアート・オンライン


現在放映中のアクセルワールドの作者の作品でもあります。

キャラ死亡で、データリセット(死亡)というのは、いつもやりたくなる仕様ではありますが、ほぼユーザーに受けるものではないので実現は難しいものではあります。*1
Wizオンラインでも仕様上その辺りを微妙に調整して展開しています。
リスクを無視できない安全策をとらなければならないのは現実だけで十分という話もあります。

実際、プレイヤーをやる際には、メリットのないリスクを極力とらないのが普通ですし、取るなら取るだけの何かがないとなかなか難しいです。
こだわりの領域の遊びや揺らぎの要素は結構、演出上重要なんですけど、でも、ゲーム攻略には直接結びつかないところが悩ましいところですが…
その辺を自分のプレイスタイルに合わせて自然と特徴となっていくデザインもまた必要なのでしょうけれども…

小説や漫画で近未来を舞台にする場合、それが現実に実現可能な部分と多くの課題が残されている部分がある場合とがあります、VR領域は結構、拡張現実領域に進んでいると思います
脳に直接という形は様々な問題をクリアするのに壁はありますが、拡張現実領域で実現できそうな気もします。
(…ただ、コスト的に回収できなさそうなので、軍用か何かからの技術転用でもないと実現は先になりそうな気も…)

オブリやスカイリムでも十分、様々な仮想世界を形にしたと思ってますが・・・。

PSPゲーム化決定
小説/アニメに続いてゲーム版「ソードアート・オンライン」が登場。AI操作のパートナーキャラと絆を深めながらアインクラッドを冒険するRPG - 4Gamer.net
小説やシリーズで描かれなかった75層〜の攻略のシナリオ・・・新たに書き下ろしシナリオとして作品の続きが遊べるというのは、この辺はいい導入部ですな。
果たして、どこまで作者ネタ考えているかでしょうけども・・・。
ただ、読者を感動させるならプロ以上のアマチュアと呼ばれた人でもあるので、どんなシナリオを書いてくるか、かなり期待してます。

公開前にWEBボイス企画が行われていたみたいですね。もとがWEB小説だからなのでしょうね。
::Sword Art Online Voice [ソードアート・オンライン ボイス]::

SAO作中年表(ネタバレ嫌いな人はみないこと)

*1:実のところ、極悪非道な茅場晶彦の気持ちに感情移入しなくもなかったりしますが…ずっと心に描いていた世界を形にして生み出したい気持ちの部分はわからなくもないです。