ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


物語の中にテーマを盛り込む。

シナリオの中にテーマを盛り込む事があります。
それはシナリオ中にもシナリオ終了後にも明かさずGMの心の中に仕舞ってあります。
そのテーマに沿ってもらいたいのではなく、その状況やそうなったとき、貴方達はどう選択するか。それが見たいという事があります。
テーマの展開に至らないまま別路線へ進むこともありますし、それはそれで修正すべき要素でもありません。

テーマを明かしてしまうと、『そのテーマの答えを知る為にゲームをプレイさせられている』と思われてしまうのもプレイが変わってしまう事もありますから。
『無意識の中の判断』がそのテーマと組み合わせて非常に興味深いのです。

どのような反応でもそれは構わず、そして、その反応はプレイヤーによって、あるいはキャラクターの置かれた状況で様々な結果になっていきます。

時にその行動に驚いてみたり、より深い言葉に感銘してみたり、それが面白くて展開しているのかもしれません。

稀に組み込まれたテーマを看破する人もいますが、それでも構いません、かけられたテーマはリドルに似て、そして答えはないのですから・・。

全参加者の行動を読みきることは不可能ですし、NPC達の行動は個々の意思で動いていきますが、状況の変化にそれぞれが対応しようと動いていきます。
物語の用意された話に必ず沿う為にNPCは存在しているものでもありません。
過去の登場人物としてそれぞれが多くがプレイヤーの意思で生まれてきたものだからです。

この為、冒険者の陰謀の阻止の成功や失敗によって話は大きく変わっていきます。
ある程度の行動結果の積み重ねで、冒険者の行動によって話の大きな流れはできていきます。
ですが、それは開始時にはまったく読めません。

誰が何を起こし、その出来事に誰がどう感じ、反応してゆくか、それは完全には読みきれない事ですから・・。


ちょっとここで尋ねて見ましょう。 問い:『正しさ』とは何か?

貴方はどう応えますか? ちなみに答えはありません。
この言葉から幾人の方はシナリオが浮かぶ人もいると思いますし、思い描かれるシーンを想像できる人もいるでしょう。
参加者が考え、あるいは直感的に考え選択した答えを見て、様々に考えをめぐらせる日々でもあります。