ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ロシア退役少将を、ウクライナ最前線へ派遣

https://hosyusokuhou.jp/archives/48929067.html

人材枯渇は相当厳しい模様…北海道に手を出す余力が無い程衰退してくれないと困るのですがどうなんでしょうか?

レビル将軍『ロシアに兵無し!』


レビル将軍演説(小説版)

地球連邦に生き残った国民すべてに、私は訴えたい。

ジオンには、すでに兵はない!艦もなければ、武器、弾薬もない!

なのに、なぜそのジオンに降伏をしなければならないのか!

国民よ!討つべきは、連邦政府の軟弱な政府高官である。

絶対民主主義の名のもとに隠れ、何一つ決定する事のできない高官に、

連邦の生き残った一人ひとりの意志を託すわけにはゆかない!


ジオン公国デギン・ソド・ザビが、公国の実権を握った時に語った傲慢不遜な言葉を思い起こすがいい!

ジオンの民は選ばれた民である、とデギンは言った。


地球連邦の民は、旧来の因習にとりつかれて、

宇宙圏を生活の場としはじめた人類の意識が拡大しつつあるのに気づかぬ古き人々であるという。

その古き人々の連邦に、ジオンの国民が従ういわれはないと言う!

地球型官僚の堕落は、確かにデギンの言う通りではある。

連邦軍にあってもそれは事実であろう。

しかし、連邦の国民よ。デギン・ザビの語る一面の真理にのみ眼を奪われてはならない。

ジオンは地球から最も離れたサイドであるが、その彼等が宇宙の深淵を見たなどという戯言を誰が信じようか!


デギン・ザビが、地球の一部の堕落に事よせて、ジオン公国の正当性を主張するなど、許せるものでない。

しょせん、ジオンの独裁をたくらむザビ家一統の独善である。

百歩ひき退ってザビ家のジオン独裁を認めたとしても、

なに故に、地球連邦そのものまでがザビ家の前に膝を折らなければならないのか!

地球連邦とは、個人の主権の確立の上に立った政府である。

人類が有史以来初めて宇宙に進出したのも、地球連邦という人類の英知の結晶たる政府があったればこそであろう。

しかるに、あのギレン・ザビは言う。討つは地球連邦の軟弱である、と!討てばよろしい。軟弱の源を!

しかし、四十億の罪なき人々を殺戮したギレン・ザビに何を語る資格があろうか!


ギレンは言う。自然体系の中、一人、人類のみが強大にふえつづけるのは、自然の摂理に対する冒涜である。

それを今こそ管理して、自然体系の中の一つの種として生息しなければならない時、

四十億の死は人類の自然に対してなさねばならぬ贖罪であると!

これが、真理か?一つの種、一つの生命系をその自らの手によって抹殺させるに等しい罪を犯して、

ギレンは何を得ようというのか?・・・得るものは、ない!

人があって、はじめて独裁もふるえようというのに、自らの生命系をも断とうとする暴挙には、

我々は素朴に理解しかねるのである。


その男が、またしてもルナツーさえ地球に叩きつけてみせると言う。

何を根拠にギレンは、それを言うのか?彼のイデオロギーが絶対真理であるからなのか?

否!彼の独善でしかない。連邦が軟弱で腐敗堕落しきっているのか?

これも、否である。ジオンの脅威に勇敢に闘った善良有能なる国民は、未だ健在である。

では、ジオンは、連邦に比べて強大な軍事力があるというのか?これもまた、否である。

国民諸君!聞き給え!すでにギレンの言葉は脅しにしかすぎない。

不肖、私は、幸いにしてジオンに捕らわれ、ジオン本国の実態に触れた。ジオンの国民は疲れきっている。

軍事力の増強は、明日すぐ間に合うというものではない。

ルナツーを地球へぶっつけるなどと、やってもらおうではないか!

ギレン・ザビよ!


ルウム戦役ですでにジオンの兵力は尽きている。

一人の兵を育てるのに、何日かかる?ギレンは知らぬわけではあるまい。

そして、地球連邦の国民、一人ひとりへ私は訴える。

もはや、ジオンに兵はいない!

そのジオンに跪くいわれはないのだ!起てよ国民!今こそ、ジオンをこそ、我等の前に倒すべきである。



追伸:双方がプロパガンダが盛んなのは膠着状態で双方が疲弊しきってるとも言えます。
真実は最前線とGHQとでも判断が狂うものです
それではマスコミと報道とネットの情報しかない我々では正確な情報は届きません。

ただ、NATO第三次世界大戦を予期している動きはしています。
ロシアが弱体化してこれ以上紛争をおかさない国へ
そして中国が覇権主義を崩壊させるまで第三次世界大戦は終わらないか、あるいは中国共産党が世界を支配すると言う、ナチスドイツ世界統一と同じ野望が試みられるかということになるのかもしれません。
少なくともデフォルトしたロシアに世界制覇を目論む余力は既にありません。

ですが核兵器で全てを巻き込んで自滅するという自爆は可能です。
ベラルーシに持ち込まれた戦術核兵器が世界にどう影響するのか最後の最後までプーチンは己の真実という嘘をつき続けるのでしょう。

しかしそれは、彼の信じる真実なのでしょう。
現実とは解離していますが…。