ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


中国の法律を海外適用で中国友好国で突然拘束される時代に…。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2021120701151&g=int

中国に都合の悪い要人、人質に都合の良い一般人は、中国の友好国で気軽に拘束出来る時代となりました。

気軽に逮捕、拘束されるので、気軽に海外旅行も行けない時代となったようです。
格安の旅行で経費浮かすために中国関連施設使うと何起こるかわからない模様

事実上戦時下の逮捕、拘禁なんじゃ無いのかなあ、ジャーナリストはAIで自動判別で敵対的なのは確保する方向でいるし。

カナダの人質交換状態の逮捕拘禁でカナダブチキレてオリンピックも危険すぎる、人質を取られに差し出すようなもんだと警戒してるし。

中国デフォルト前後に戦争でも始めるつもりでしょうかね?
(恐らくはアメリカバイデン大統領への嫌がらせでオリンピック用の人質集めでしょうけど)

これで、アメリカ人と台湾人、中国が邪魔な人材は、中国の脅しがきく国の空港では理由をカナダ人のように拘束されるのかもしれません。

遂に中国は、戦争前の有事体勢にはいるようです。
日本と違って法的整備は既に終えているので、何でもありの大きな北朝鮮化を始める事になるのでしょうね。

米中の関係は一段とキナ臭くなりそうです。