ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


バイデン、未だエアフォース1が使えない(使っていない) 大統領ではないのか? 軍との確執は続いている可能性も

https://news-us.org/article-20210130-00121327377-usa

エアフォース1は、別に専用機が必ずエアフォース1ではなく、大統領が乗った軍用機がエアフォース1なので、大統領がどっかの映画のように、パイロットなら、戦闘機がエアフォース1となる場合もあります。

そういうのはちょっとカッコいいですね。

ともかく、ペンタゴンとの確執が続いているのか、軍用機にバイデンは乗らないので、エアフォース1は、現時点で発生していません。

問題はエアフォース1が存在しないため、大統領の資格がない可能性も噂されています。
この辺が軍の確執と陰謀論好きが色々シナリオを考えて居るわけですが、真実はどうなんでしょうね?

結果的に後日、バイデンは軍用機には乗りましたから、名義的にはエアフォース1は発生た筈なのですが、扱いが微妙な為にどうにも謎が未だに残り続けています。

先日、米軍を訪問した際も、ツアー客と同じレベルの案内をされており、大統領ではなく、観光客扱いされて追い返されてしまいました。

正直言って、こんな対応されるアメリカ大統領って、聞いたことがありません。
少なくともペンタゴンは、バイデンを大統領として扱いたくない(扱ってない)のは確かなのでしょう。

ここまで、大統領と軍が亀裂の入った状態は有事にどうなるのかが心配です。