ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ここまで来て、結局、トランプはその言動と行動ゆえに側近からすべて裏切られたという事になってしまうのか?

https://news-us.org/article-20210112-00213826678-usa

もしかすると、トランプは大統領としての理想と自分が追い求める物に妥協出来ずに、信じたものを提示されて、それは毒まんじゅうだったというオチになるのだろうか?

少なくとも、ペンス副大統領は、持論を貫き通す人の模様です、これはこれで、トランプとは対極の正論を通す人の模様です。
それ故に歴史はこうなったとも言えますが…。
『前例の無いことはしない』、『満場一致でなければ持論は覆さない』ある意味、トランプの副大統領らしいというべきなのでしょうか?

アメリカの半数を信じさせて、結局、真実をここまで提示させてそれで負けてしまうと、本当に暴動になってしまう。

ここまで来て、実現できなければついてきた民衆は、裏切られたと感じてしまう。
そうなれば、安保で暴れた世代と同じ脱力感がアメリカを支配してしまうかもしれない。

トランプは何度も会社を破綻、破産させて、それを誰かに擦り付けて生きてきた。
今回はアメリカを破産させてしまうのかもしれない。

内乱を誘発すればそれは、中国の侵略を呼び込む事になる。
時間切れとなるのか? 次の手を見ることができるのか? 雲行きが怪しくなってきたのかもしれない。

本当にアップダウンが大きすぎるのは、本当はついていく支持者にとっては非常に良くない。

自ら手を汚さないでこの先の道は進めないが、トランプは降りてしまうだろうか? こればかりは何とも言えない。

現実は映画のようにハッピーエンドになるとは限らない、多くは思い通りにならない無力感で終わる。

少なくともすべては無駄ではなかった筈だ