ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


バイデン、8日に選挙人を確定出来ず、次期大統領から、元副大統領に格下げ、アメリカ大統領は、法廷論争と、議員投票へとシフト 大統領選挙は、なんと振り出しに戻り、今度は議員選挙という、200年近く設定だけされた伝家の宝刀で決着へ

https://news-us.org/article-20201210-00143825333-usa

三部作の第二部開始と言ったところ。
尚、バイデンは圧倒的に不利というか、殆ど犯罪ですが、まだ、映画同様逆転がないわけではないので、当然そちらに賭けるしかありません

法廷で棄却される可能性もゼロではありません
(確率はかなり低いですが)

今回は負ければ国家反逆罪ですから、皆必死です。

マスコミは、腹を括ってバイデンと心中か、いつ掌を返すか、中国の顔色を窺っています、このあと中国が逆ギレの戦争になりかねませんから、注意が必要です。

なんと、CIAがぶっ飛ぶという、前代未聞の状態なので、工作していたCIAが吹っ飛ぶなら、その末端であるマスコミ、SNSも無事ではすまないでしょう。
一部FBIに言われてやらされていたとか言ってるトップも居ますが最早手遅れでしょう。

8日に決着がつかない時点でもう普通の状態ではないので、もう、徹底的にこれは荒れます。

一応、覚悟しといたほうが良さそうです。

一応、Jアラートが鳴ったら何処に逃げ込むか、窓ガラスの爆風はどう、家のなかを駆け巡るか、窓ガラスが割れて、ダイハード状態になってどうやって外に出れるか、明かりと靴は側にあるか、保存食、雨ガッパ(雨避けではく、降灰をどう避けるか)、マスク、完全な防護は何処まで出来るか、救援が来ないので、暴漢対策、世紀末モヒカン対策、ある程度は覚悟しておきましょう。

もう、なるようになるで運良く即死で蒸発するのを期待するというのもありますが、現実は結構残酷です。

その辺は実際に震災を経験すればわかります。

ともかく危険な時代と時期に入ったことは間違いありません。

E6マーキュリーが上空を飛ぶ以上、世の中はされなりに危険です。
余計な知識がなければのほほんと平和ボケして過ごせるんですけどね

たまにその方が幸せなんじゃないかと思うときがあります。