ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


火事場泥棒ロシア、インドの日米豪印の防衛構想への加入への打診にどうでるか?

https://www.epochtimes.jp/2020/09/61676.html

毎回、火事場泥棒なので、敗戦が決まった相手の領土を分取りに行くので、中国が弱り目だと判れば中国に襲いかかります。

これは、日本が中国の侵攻を受けて弱り目だと思えば、北海道を占領しに来ますので、たとえ、不可侵条約を結んでいても関係ない国なので、基本、弱味を見せた相手が悪いが基本スタンスです。

なので、北方領土も武力で奪いに来ない日本が悪いという事になります
(勿論、日本が武力での侵攻が出来ないのをわかった上での主張ですが)

今後の台湾有事、尖閣での紛争以降、中国が落ち目になったとき、ロシアは本性を表すでしょうが、その時、どの国が弱った脇腹を晒しているのかが問題です。
それが日本なら襲われる先は日本になります。

決して油断して良い国ではありません。
約束事ではなく、そこに実力行使をする力があるのか無いのかしか、彼等の基準はありません。
約束事を実力で守れなければ約束事は無効と考える国です。

この先、アジア情勢はどう変わっていくのか、日本もまた、巻き込まれる国の一つです。

今回の政局に中国は命運をかけて日本を引き込みに掛かります、歴史の分岐点の危うい所に居ることは間違いありません。