ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


北朝鮮、金正恩、脳死の噂は真実か? アメリカ:歩く姿を見たらしい…。 中国:推定死亡 …どっち?

http://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/56672879.html?ref=popular_article&id=5011008-7475316

さて、プレイヤーが一人入れ替わりそう。
これは、中国、アメリカ、韓国にとってどういう影響となるのか?

アメリカも中国の暴走を警戒して、大戦覚悟のシフトだし

万が一の北朝鮮の暴走は、本当に状況をややこしくしそう。

対立する両国がそれぞれ好き勝手に判断するところを見ると、金正恩アメリカは生きていた方がいいようだし、中国は、言うこと聞かない問題児の厄介払いが出来たと思ってる様子。

これが今後のパワーバランスにどう影響するのか?
不確定要素が更に大きくなったような気もします。

(世界崩壊しそうなときの不確定要素は疑心暗鬼を生むので大変よくない)

しかし、トランプが、情報は正しくないと言ったら、中国高官が、推定死亡といったと言うことは、トランプへの嫌がらせですから、恐らくは、トランプが嫌がることを中国はやりたがるので、恐らくは、重篤な確率は高く、中国が金正恩を死亡と嘘を言う理由も今後を考えても無さそうですから、北朝鮮の混乱、朝鮮半島での内乱、動乱が中国のメリットになるという、追い込まれた中国の逃げ道に、スケープゴートに使い、その時間で中国自体の建て直しを図ろうと、全世界の敵になりつつある中国の建て直しと時間を稼ぎたいのでしょう。

北朝鮮が戦場となれば、中国は逐次増援として、アメリカ撹乱の為に中国軍を投入できますし、朝鮮半島ベトナム戦争の再現を出来ます。
(都合が悪くなれば中国国境の安全地帯へ逃げ込み、厭戦気分に持ち込み、経済的に巻き返しをかけられれば、中国支配体制が磐石になってしまいます)
同盟国の筈の韓国は小早川して肝心の時に寝返るか、サボタージュして、在韓米軍を危機的状況に陥れるか、存在そのものが役に立たない厄介者なので、韓国が同盟国である時点でアメリカは負ける可能性があります。(韓国の法則参照)

つまり、これは、中国の孔明の罠の可能性が高く
日本も致命的に巻き込まれる可能性があります。

中国包囲網を作る前に、北朝鮮を使った、朝鮮半島動乱にシナリオを持ち込まれ、ズルズルと戦局をベトナム化をされてしまう可能性が高いかもしれません。

もしかするとこれは、非常に日本にとって危険な局面かもしれません。

中国の思惑で、朝鮮動乱が起きるとかなり不味い事態になるかもしれません。
米中代理戦争が、いつの間にか、朝鮮半島と日本で、代理戦争の前線がシフトするかもしれません。