ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


台湾とイスラエルを見殺しにするバイデンは、トランプの盤面をちゃぶ台返ししてにやついている。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65254

イスラエルの混乱はトランプが置いた布陣をバイデンがひっくり返した事から発生しており、同時にバイデンは中国から、自分の運営していた学校へ匿名で寄付金をもらっていた通り、表向き中国とは牽制しているように見えて中国とは裏では懐柔されています。
この辺は無理やり大統領になっているので国民が騙されたと気付くまでは中国と対立の姿勢を崩さす、核心的領域は明け渡す手法でアジアを売り渡す事に恐らくはなります。
既に尖閣諸島は中国に売り渡したという情報があるくらいですから。

問題はアメリカが滅んでしまい自分が絞首刑になってまで中国の傀儡になるかどうかなのでどの辺まで梯子を外すのかで日本の運命も決まります。

21世紀は中国に嵌め込まれた可能性もありますが、同時にオーストラリアやイギリスは中国の台頭を良しとはしないでしょう。
どちらにしろ、中国は恐らくは大日本帝国をなぞるので、アジア全土(日本も一度は侵略される)を支配した後、急拡大に補給が追い付かず、反撃に転じたオーストラリアやイギリスに解体されるとは思います。

問題はその時、日本は中国の属国として韓国のように属国として処罰されるのか、フランスのように海外逃亡者が奪還を指揮して日本を再奪還出きるかどうかですが、どうにも従順な日本人は前者のウイグルチベットのような民族浄化、ロシアに占領されたナチスドイツのような、阿鼻叫喚の殺戮劇になりそうな気がします。

この際、生き残る為に自分の命と引き換えに国を売り渡す政治家が多数現れて、最終的には彼らも騙されたといいながら銃殺になると思われます。
一度は彼らに法律上政権を担わせて全部を取り上げれば、中国は恨まれることなく日本を手に入れられます。
ただ、その点は侵略が下手なので香港のような混乱は起きますが、恐らくは日本人は素直に敗戦を受け入れそうです。
愛国心アメリカの戦後教育で取り去って来ましたので、以外とその辺は従順な気がします。

但し、中国は常にやり過ぎなので、恐らくは、食と安全と皇室に手をつけて日本を千年の内乱へと導くかもしれませんし、あっさりと日本の歴史は朝鮮の王朝のように崩壊するかのどちらかでしょうか
その時我が物顔でうろつき回るのは何故か支配者と勘違いした在日朝鮮人かもしれません。
(で、終戦時同様、中国人民解放軍にまとめて粛清されそうですが)
韓国は恐らくは一時期は中国の虎の威を借りようとして、北朝鮮に侵略されてしまうので、正直、未来のアジアの地図は予測が困難です。

インドが都合よくコロナで中国の抑止力とはなり得ないこのタイミングは非常に危険です。
インドの新型コロナウィルスの閉塞が間接的に日本の、アジアの安全に繋がるかもしれません。

中国の拡張主義は大日本帝国同様足るを知らないイケイケどんどんの侵略で補給線が延びきって現地調達になるので、占領下はロシア同様滅茶苦茶です。

第二の形を変えたシベリア抑留のような大量の死亡者が出るでしょう。

未来には反中国思想の日本人が、人体の不思議展の標本として飾られる未来がこの先、平和ボケのままだと来るかもしれません。
少なくとも中国に対しては無抵抗主義は死を意味します。
自国の中国人民ですら都合が悪くなったら殺して埋めてる国が二等国民の属国扱いとなった日本人をどう扱うかは民族浄化が手っ取り早い方策になります。
漢民族以外は内乱の原因になるので、下手に生き残ってると日本復興なんてアメリカの後ろ楯で起こされたらたまってものではありませんから

バイデンが梯子を外した未来予測図はこうなります。
問題はそれを何時の時点で、世界が中国を台頭させたら自分達もヤバいと気付くかです。
日本の列島線は最終的には奪い返して中国に蓋をして、中国は分割統治させないとこの先、世界は収まりませんが、同時に無秩序でも困ります、民主主義では中国は統治しきれない問題もありますから、果たして何処まで世界は新しい秩序の世界となるのか、歴史はそれぞれの欲望のまま突き進んでいるのは今のところ、収まる気配はありません。

但し、全世界を漢民族で支配しようというのはどだい無理な構想なので必ず頓挫します。
これは全世界の世界平和達成と同じくらいの無理難題ですので、そのツケは何れは支払う事になりますが、虐殺されて既にあちこちに埋められているだろう自分達が、それを心配しても無意味な事なのかもしれません。

自分の死後の未来を予想しても無意味ではありますが、それでも子孫達の未来を守ろうする気ののない自分勝手な国民性になってしまった日本人が自分で選んだ未来なのかもしれません。

既に阻止限界点は越えてしまっています。
現実に本当にならないと良いなと思っています。