ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


B-52 グアムから撤収、本土運用に

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/54536711.html?ref=category1133434_article_footer5_slider_&id=5639450

撤退というより、実戦運用です。
既に、グアムは中国の射程圏内の為に、初戦でグアムが、ミサイル攻撃でB-52が全滅してしまうと報復爆撃が出来ないため、いきなり核攻撃での報復になってしまいます。

逆を言うと、中国からのミサイル攻撃が現実として既にあり得るということになります。

これでは世界が終わってしまうので、落としどころを、通常兵器、あるいは、B-52での兵器での報復とするための運用変更となります。

というか、実戦運用とか、やる気満々なのが寧ろ怖いんですが

一応、運用計画としては既に要項としては入ってた見たいですが、実戦運用を決めたということになります。


さて、地政学的にみると、グアムから、B-52は、三時間で到達します。
これを本土発進となると、北朝鮮がどういうシグナルと受けとるかが危険となります。

韓国のムン大統領の再選から、明らかにアメリカの舵の切り方が変わってきていますが、それは連座して、日本防衛にも影響します。

中国包囲網は狭まり、同時にアメリカのB-52のグアムからの撤退は、中国のミサイル奇襲攻撃を見越して、そして朝鮮半島の防衛に空白を作りかねない微妙な采配となっていくでしょう。

アメリカの空母の稼働率の低下した今、中国にとっては最大の軍事的空白を、攻撃する好機と見るかどうか。
アメリカの罠と見るか、弱体化と見るか、歴史は分岐点に差し掛かっているかもしれません。

台湾、韓国、尖閣、日本、フィリピン この辺りのどの辺りで偶発的戦闘からなしくずし的にエスカレーションが起きるのか、起きれば数日で大きく世界の地図はかきかわるでしょう。

重要な局面でありつつ、双方が警戒したまま時が進むだけとなるかもしれません。
どちらにしろ、危険な兆候ではあります。