ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


失踪した女子アナが標本に? そんなオカルト話あったんだ…。

http://world-fusigi.net/archives/9989380.html

ゲームネタですけど、オカルトは何処までも愛憎が絡むと醜悪なお話になるという話

占領されたらこうなりそうで怖い

https://www.subculture.at/body-worlds/
人体の不思議展 製作過程の闇


オカルトやホラーでは良くある話ですが、中国だと普通に修羅の国過ぎて怖い
そんな抑圧下で暮らしたら未来への考え方が刹那的になるのはわかる気がします。
中国共産党党員より目立つ、裕福、優位であることは絶対に許されない社会体制なので、商人が成功すると破滅を意味するとか怖すぎます。
同時に天狗になってしまうのもわかりますけど…。

中世の貴族社会や絶対王政とかの感覚に近いんだけど、理解してるのと、生活してるのとは違うので、よく人民や領民の反応が怯えてされるがままになってのに何で権力に立ち向かわないんだとかなりますけど、それもまた自由政権下に生きてるから思うことで、独裁政権下では、普通思い付きません。

ラインハルトが極端な逸材でお話だから成り立つもので、現在も中国は、キンペー派閥と反キンペー派閥が中国の立て続けの大失態で足元が揺らいでいる三期の続投に大して双方大立ち回りですが、それに巻き込まれる各派閥の役人はどちらかが粛清確実の関ヶ原状態です。

果たして中国の第三期と支配体制はロシアの行く末含めて非常に揺らいでどう転ぶかわかりません。
日本もそのまま巻き込まれるので下手するとそこで日本がなくなるかもしれない選択もあり得ます。

第三次世界大戦の行く末次第では我々の命も風前の灯だったりします。
フランスのナチス占領下より酷いことになりそうだから、本当に回避しないと大変なんだけど、殆どの政治家が中国と繋がってますし…

未来は暗いねえ…。