ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ロシア、なんと三日間で投入兵力の30%を失ってしまう。事実上壊滅したと言うことなので大敗北した模様、普通にあり得ん…。

https://taikankyohou.com/archives/13585344.html

恐らくは紛争で描かれる戦記類で、ほぼワンサイドゲームに近い戦果です。
軍隊は戦闘する部隊だけが前線で活躍することは不可能なので後方部隊が必要になります。
後方部隊は戦闘が殆んど出来ないのと後方支援の位置付けで直接戦いません。
この為、実際の戦闘部隊は全体の半数ありません。

その三割失ったら戦闘部隊はほぼ全滅、壊滅状態となります。
前線に投入された兵力がほぼ全部帰ってこなかったという数値になります。

大敗北のために、一度後方で戦線再構築必要なレベルです。
米軍と戦ったらあり得ますが、ウクライナ軍でこのスコアは異常です。
士気が高いのもありますが、米軍の支援が有効にほぼ完璧に機能していたとしか思えません。

ロシアは完全に罠に嵌められましたねこれは…。

一機で6機を撃墜とかエースコンバット状態も普通にあり得ないので、awacsの支援があったと思いますし、米軍は後方で有効に支援していたと見えます。

事実上、ロシアはNATOと米軍の最新兵装の支援を受けた兵士と戦っていた上にロシア兵は戦いたくなかったという最悪の状況を構築された模様です。

これは凄い事です。
ロシアの精鋭が戦う前に輸送機ごと撃墜とか、あちこちで撃破されてますから相当混乱していたみたいです。

大戦果と言えるでしょう。
いずれ軍事雑誌等に乗るでしょうけどとんでもない状態だった模様です。

恐らくはロシアがこの失われた特殊部隊等を再編するのは大変な労力がかかると思われます。
再編は短期では絶望的な状態ですね。

今後のロシアの戦闘に尾を引きそうです。

正直、旅団大隊司令が捕虜になるとか大隊壊滅指揮崩壊ですからそんなん普通に有り得ない話なので、ウクライナというブラックホールに二万五千人位ロシア兵が溶けてしまった計算になります。

データ上は有り得ないロシアの大敗北となります。
そりゃ上層部更迭されるわ。


尚、ウクライナは情報戦も長けてるので、大本営発表であることは補正が必要かと思います。
劣勢の時ほど英雄が生まれると言うことはドイツのエースの活躍の通りです。
ロシア支援に見えるのも嫌なので正論ぶちかますのもどうかとは思いますが、ロシアがなりふり構わなくなったら相当の被害は覚悟が必要でしょう。

プーチン大統領とフランスマクロンとの会談内容が異常過ぎるので本当に外交が損得計算ではなくメンツで動きそうで怖いです。
妥協点でなさそうです。