ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


派兵15万人に、状況はナチスドイツの要求と酷似 巡航ミサイルの軍事演習で最終戦争への圧力

www.msn.com

 

21世紀のキューバ危機、最悪は最終戦争という事に…。

世界が終わるかどうか、この状況はナチスドイツの国土割譲要求と似ており、21世紀に第二次世界大戦の要求を行う事と同様です。

 

尚、第二次世界大戦ではチェンバレンが世界大戦になるくらいならと割譲を飲み、その後数年後に結局世界大戦となりました。

バイデンが21世紀のチェンバレンと陰で揶揄されているのはその為です。

 

ja.wikipedia.org

 

同時にバイデンはそれを揶揄されているのを知っており、かなりその事に激怒してますのでプーチンの要求を突っぱねて全面核戦争となる可能性もあるため

いきなり今世紀最大の最終戦争の危機

だったりします。

 

中国の暗躍も控えてますので、チェンバレン同様戦争音痴に世界を任せるとどうしようもない事になるかもしれません。

 

予想があたらないと良いですけどね…。

意外と洒落ならない全面戦争、最終戦争の危機だったりします。

 

 

マーフィの法則を思い出さずにはいられません。

 

"If it can happen, it will happen."
「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる。」

が基本精神であって、その基本的表現は

"Anything that can go wrong will go wrong."
"Everything that can possibly go wrong will go wrong."
「うまく行かなくなり得るものは何でも、うまく行かなくなる。」
「何事であれ失敗する可能性のあるものは、いずれ失敗する。」

である。歴史的には後述のように、

"If that guy has any way of making a mistake, he will."
「何か失敗に至る方法があれば、あいつはそれをやっちまう。」

があり、更にパワーアップした

"If there's more than one way to do a job, and one of those ways will result in disaster, then somebody will do it that way."
「作業の手順が複数個あって、その内破局に至るものがあるなら、誰かがそれを実行する。」

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

こうならなきゃいいけどね…。

www.nicovideo.jp

 

www.youtube.com

 

 

数年前から笑い話として書いてきていましたが、ついにここまで来たかという感じです。

未来予測がここまで酷いと本当に笑えない。

市場の反応数値が『マジでヤバイ』となってるのがねぇ…。