ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ウイグルの収容施設で性的暴行

https://www.sankei.com/smp/world/news/210206/wor2102060037-s1.html

虐殺が横行しているのだから、無いわけがない。

果たして、人権主義者の筈のバイデンが、飼い主である中国に逆らう事が出来るのか?

出来なければ当選した主義主張、看板は当選のための嘘っぱちだったことにはなるが、当選自体が有耶無耶なんだから、何を今更ではあるが…。

問題はアメリカが陥落してのであれば、台湾が同じ目に合い、次は日本が同じことになるということ。
中国は計画経済なので予定通りに計画をこなすので、これは、確定事項、逆に達成出来なければメンツが丸潰れになりめすから、必ず遂行しようとします。

あれだけ威勢の良かったトランプがバイデンを逮捕するという夢物語は段々現実には難しいんでは?と皆が不安に思い始めた頃ですが、だとすれば、バイデン、カマラハリスの中国のアメリカ制圧が成功したことになります。

自由主義の盟主は中国に屈服したのでしょうか?

何処かで認めなきゃならないと思う気持ちと、これまで起きている数々のCEO退陣には意味があって不自然な退場が続いているのにも意味があると思いたいのですが、真実はどうなのでしょうか?

状況を願望で修正してはならないと頭では警告しているのですが、アメリカの国民はそんなに馬鹿なのか?とも思いますが、日本も民主党を当選させるくらいには馬鹿なので、仕方ないのかもしれませんが…。

これだけの不正の証拠があって黙っているのも限界な気はするのですが、トランプ主義を訴えれば職を失うほど、弾圧さるている情勢下はまるで、アメリカ国民がナチスドイツのユダヤ人状態です。

大丈夫なんでしょうか?
こんな状態の国に日本の国防の根幹を委ねてるのが現状だったりします。

非常に危険な時代なのかもしれません。