ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


年末年始の、正月発熱感染事例

http://blog.livedoor.jp/love120331/archives/55371216.html

医療崩壊しかかってるので、現在の対応の緊迫さ(限界?)が、見えてきて結構、参考になります。

思ってるより、謎感染経路不明が多すぎるように見えます。
ほぼ家にいる人が何故感染したのか、本当に謎ですが、ほぼ完璧な防御していたひとでも感染例があるため、目に見えない為にリスクを視覚化を出来ないのが本当に難しいです。

(完璧を目指した病院でも連絡用タブレットの消毒漏れで院内感染とか、見に見えない為に想定外の意外なところから蔓延したりします)


しかし、家にいて殆ど出ない人が何故感染拡大するのか?
対応したセンターの人が、新型コロナではないだろうと判断するのもわかります。

これは予想より拡大が想定外に広まるかもしれませんね。
(家に引きこもっても感染するのでは、打つ手がない)

一体都心部では何が起きているのでしょうか?

ある程度は、スペイン風邪の第二波と同じ展開をしているので毒性は違うように見えますが、かなり危険な徴候に見えます。

警戒はすべきだと思いますよ
(※少なくとも、呑気に新年会出来るような状況ではないです)

関連スレ1
感染初期初動(名古屋)
つまり、これ、高齢者なら身動き取れないまま、音信不通で数週間、数か月後に発見されるパターンです。
この後、ゴロゴロ発見されそうですね。
社会問題と今後なるかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/love120331/archives/55371259.html?ref=category203982_article_footer3_slider_large&id=5058369