ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


副業300万円問題で珍しく財務省が何故に敗北したのか? パブリックコメントの反応の異常さが今回の問題を物語る

https://gentosha-go.com/articles/-/46135?per_page=1

 

過去の例からほぼ提示されればそのまま施行されるのが通例ですが珍しく撤回されました。

こう言うのは滅多にないので逆に何故にこう言う撤回が起きたのか、そもそも撤回されるような法案として通そうとしたのかその辺と反響と無理筋を通そうとしたのかが色々ないまぜになって今回は現れたと言えます。

 

結局はその場で判断できることなのに線引きを金額で一律引っ張るのは金持ち優遇でそもそもおかしいという至極もっともな意見が大反響したわけで、そもそもの副業で赤字出して本業の収入を減税するのを認めたわけではないのでその辺はちゃんと帳簿を出して説明出来て合理性を認めるという300万円で一律線引きではなくて帳簿で戦えという至極当然なお話になった模様です。

 

まあ、青色申告とか副業としての申請出来るような取引してればの話になりますので数年副業やって軌道に乗ってきたらの話とは思われますけれども。

副業が赤字だから本業を減税するという裏技は指摘されることには代わり無さそうです。

 

かなり経営コンサルタントの入れ知恵で問題になってますから今後厳しくなっていくのは変わらないとは思いますが…。

 

副業を大赤字にして本業の減税は可能なのか?

https://kurotax.jp/k_news/accounting-basic/post-804.php

 

あまりにも多用されてるので税務署も重点的にチェックが厳しくなってる模様

まあ、普通に副業すると真面目にやらないと大抵は大赤字なんですけどね(かかる経費の方が大きくなりすぎる)

よっぽど本気で副業をやらないと赤字にはなりそうです。

 

税務署がその辺はどこまで認めてくれるのか、ともかくはやりあうためには帳簿をつけないと始まりません。

 

今回は通常ではあり得ない量のパブリックコメントが押し寄せた為に注目度は異様にあった模様

https://gentosha-go.com/articles/-/46403?page=2