ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


安部元総理、演説中、背後から連装手製銃で撃たれ死亡 日本の歴史を変える為の凶弾に倒れる? 誰が? 何の目的のため? JFK暗殺との類似点を指摘する人も…。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220708/2000063326.html

SPが止められなかった点、銃弾を当てている点でも至近距離での犯行に見えます。

※背後から手製連装銃で5mの距離から左胸めがけて二発発射とのこと、確実に殺す為に選択したとすればますます背後関係が気になります。
首に貫通穴があいたとの情報もありかなりの重症、心肺停止の模様、しかし、左胸背後から距離5mで二発とかあまりに手慣れてますが…

襲撃時の様子
http://www.akb48matomemory.com/archives/1080278523.html?ref=popular_article&id=5929610-1823276
https://www.moeasia.net/archives/49704460.html
http://www.negisoku.com/archives/55938984.html
一発目は不発、二発目が命中の模様
しかし、音も爆煙も正規の銃の音としては不自然、手製銃としても色々不可解…さすがに音で火薬の種類を当てる程詳しくないのでなんとも判りかねますが…。

警察発表では手製パイプ銃の模様、5mで手製パイプ銃二発命中とかかなりの名手です。
※一発目不発、二発目が命中の模様

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220710-OYT1T50020/
やはり散弾銃(但し6発)、手製の変則タイプと言えます。
選挙期間の模倣を避けて拳銃と警察は発表したのでしょうか?

http://kanasoku.info/articles/157223.html
犯人宅から爆弾あるいは相当量の火薬を押収の模様
そりゃ自作銃で殺傷力高めるとなると相当量の火薬が必要
しかし、ガンパウダーレベルの入手って…相当知識ある人なんですかね
猟友会からの情報では、煙の色から大量の黒色火薬ではないかとの事。
今はネットでイロイロ出てるけど実際に成功させるのは簡単ではないはず

銃はテープでぐるぐる巻き、粗暴に見えて、下にはレーザーポインターで精度を上げている。
今後の要人狙撃では必須アイテムか?
というか、レーザーポインターでの狙撃精度向上とかやはり17年間でイロイロ工夫している。
今後のテロでの精度はさらに向上しそう
(しかし、精度が上がれば防御しやすくなるので今回はSP側の平和ボケがどうしてもぬぐえない、まあ、日本で銃使用はセオリーに反するかもだが海外での対応を考えたら甘すぎた上に司法が暗殺にお墨付きを与えた異常事態とも言えます)
今回はなるべくして起こったように状況が作られてるとも言えます。
果たしてこれを影から喜んでるのは誰なのか?
http://www.akb48matomemory.com/archives/1080277800.html


9連装ランチャーも製作していた模様、プロレベルの工作能力、実際に使用をしていれば大型テロとなっていた可能性も(逆に隠密性がないので制止をされていた可能性も高い)

爆弾を製作したが、人を殺せるほどでは無かったので銃を製作したとのこと、殺傷が最初から計画だった模様
http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/10080572.html


自分もゲーム上のルール判定上以上の雑学は危ないので配合比率とかまでは調べてませんし
サバイバル系統は災害時に生き残るのに役立ちますが、爆弾系は本当に危ないので…。
ただ、シナリオ上面白いので調べはしますが…。
迂闊に公開とかは安全上出来ません。

原始時代の戦いから中世~宇宙戦争まであらゆる判定のために雑学仕込みますがテロ行為に至る詳細な現代で応用出来る知識までは流石に身が危ない。
(そこまでやると本当に捕まりかねませんから)
ゲーム判定用の為の雑学って言っても一般には理解されませんからね。

例えばゲームなら粉塵爆発はお約束ですが本来は適切な濃度でないと爆発しません、ゲーム判定は閃きを大切にしますから判定成功させますけど
今回はリアルで電極発火型の火縄銃を高効率で作り6発の散弾とした模様
警察が敢えて散弾銃ではないと方針変えたのはどの辺にあるのですかね(今後のテロに民間被害が増大するため?)

尚、今回は内容によっては公安も検索する内容なので記載しておきますが、特に思想上の傾倒は此方にはありません、それぞれ歴史家モドキとゲーム用資料に基づき判定しているのと、個人、国家、世界規模で『両陣営側の視点で物事を書く』為に全く内容と主張が安定しません。
歴史家が特定の陣営に荷担して物を書けばそれは事実と解離します、しかし、大抵の歴史は勝利者側の資料で書かれてますけれども…。
主義主張がバラバラなのは個人視点と、見ている陣営視点と書くときにバラバラなためです。
この為、よく国防は必要、でもそれをやれば国内民需圧迫と福祉がおざなりになると双方の視点で指摘することになります。
主張が矛盾することが多々あるのはこの為です。

あくまでもゲーム用資料を元に判定しているので情報が古いために情報精度は微妙です。

散弾銃の破壊力
http://youtube.com/watch?hl=ja&client=mv-google&gl=JP&feature=related&v=_6CBKUM9gk8&rl=yes

パイプ銃
https://pcfreebook.com/article/459993300.html

犯人と構えている散弾銃?(手製銃?)
http://www.akb48matomemory.com/archives/1080276709.html
妙に銃身が短い、バッグに入れるにしろ、色々疑問点が…?
水平二列銃だと装弾二発、銃身を短く加工してある?
そうなると個人入手ではなく組織犯行の線が強くなります。
そう簡単に日本では入手出来るものではないです。

実物の写真が出てきましたが、手製のパイプ製銃の模様、これはどういう事なんでしょう。
海上自衛隊員との事ですが犯行の組織的な関連性は?
20代に三年間海上自衛隊勤務、その後17年間の行動は現時点は不明
寧ろこの17年間で何を犯行に至ったのか、そちらを掘り下げるべきかもしれません。
まだまだ情報不足でしょう。

犯行の動機は宗教団体を狙おうとしたが難しく、ターゲットを支援していると信じた安倍元総理を執拗に狙った模様
何故かマスコミはこの宗教団体名の公表を避けるのは何故なんでしょうか?
https://asianoneta.blog.jp/59506298

状況がサラエボ事件みたいになってきましたが、暗殺直後に韓国が反動で襲撃を警戒していたのはようやく繋がりました。
元のターゲットがそっちだったわけですね

http://www.akb48matomemory.com/archives/1080280551.html
母が祖父の家を売り払い、その金で宗教団体のサイン入り書籍(一冊三千万円…合本7冊構成総額2億1千万円…流石に滅茶苦茶ですな ※総額いくら寄付して破産したのかは今後の調査待ちでしょう)の購入代金に当て、その後母が破産
…それで家庭崩壊なら、恨みは宗教団体に行きます。
地頭の高い人だけにその後のライフプランも建て直しを図ったけれど失われた30年と重なり建て直しならず
家庭が円満ならこの結末にはならなかっただけの能力はあっただけに反動の行動力が半端無いです。
それ以上に警備側が平和ボケしてたので、相乗効果なんでしょう。

やはり優秀な人材だった模様、母親の宗教問題で多額の金銭を宗教に母が納めていたことで家庭崩壊が将来に影響か?その宗教を後援していると思い込み犯行との自供はどこまで本当なのでしょうか?
https://itest.5ch.net/eagle/test/read.cgi/livejupiter/1657342242/

直近の生活、5月で体調不良で派遣退職
http://blog.livedoor.jp/misopan_news/archives/52259568.html
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220709-OYT1T50147/

確実に仕留めるつもりとなるとどの目的だったのでしょうか?

中国、ロシアは既に日本の政治家の命も戦争の延長なのか、背景が見えてこないとわかりませんが…。

少なくともやはり第三次世界大戦の前哨段階で暗殺も厭わない時代に既になっているのかも知れません。


※背景は実際には捜査が進まないとわかりません。その点はご注意下さい。
今回、日本の軍国化を防ぐ為ならロシアも中国も躊躇しないと思っていましたが…本当に直接的に手を下したのでしょうか?


政治家が刃に倒れるようになると歴史上、戦争が本当に始まるんですよね。
投票三日前の犯行…この意味を現時点でははかりかねます。


しかし…元総理の演説が急遽昨夜決まったのに情報漏れで知っている、犯人は元自衛官…偶然では起きないように思えますが…?
背後関係がわかるまではなんとも判りません

それと奇妙な違和感を感じます、確か前の選挙でも私は同じようなことを書いていた様な気がするのです。
あの時も選挙でプラカードの抗議運動家を選挙演説中に乱入して警察が止めたのですが、今回はその一件の司法への申し立てで警察介入を押さえるようにと逆にそれが安倍元総理を死に至らしめる結果となったと言えること。

札幌の抗議活動への判例が警察やSPの動きを封じてしまったので、まるでオーベルシュタインの持論が結果的にキルヒアイスを死なせてしまったのと同じ事を起こしています。

尚、SPの想定訓練では、狙撃者は自分で名乗りを上げることを前提としている模様…犯人は侍や騎士を想定してんですか?お前ら、本気でアメリカのSSから笑われてこい、こんなんで要人警護とか誰も守れない
但し、現場は政治家連中が自分の身が危ないとわかった為にこっぴどく叱責された模様、会見での憔悴具合が尋常じゃないです。
良くある話で全方位に守ると言うのは難しく予めわかっていれば対策も取れます、後方警戒がお粗末だったのは指摘されているのは当然ですが急遽の対応が間に合わなかったのもわかります、しかし、それ故にテロリストに犯行可能と判断されたと言うことなのが残念でなりません。
恐らくはヒヤリハットの積み重ねで防げていた筈なので危機管理が落第点と言われても仕方ありません。
日本がそれだけ危険になっていると現場は肌身に感じていなかったのか逆に士気が落ちる原因があったのか?
(色々あったようですがここでは述べません)
恐らくは多くの条件が重なり最悪の結果となり、そうなるように仕向けた勢力の犠牲になったといえます。
せめて死なないで欲しかった、護衛対象の命に至る怪我をさせないようにSPはいると言うことをもう一度何のために居たのか心に刻んで欲しいです。
銃社会でないからこれまで無事だったようなもの、尚、今回は『他の地域では警備が厳重で狙撃を諦めた模様』
犯行の警備がザルだったので実行された模様
https://you1news.com/archives/59641.html

日本の行政は墓石行政なので元総理が暗殺されないと危険性に気付かないとか…まあ、実際には暗殺が成功してるので何もかもが手遅れ何ですけども

それと同時期にあの京アニの爆発炎上事件が起きていると言うこと、あれもまた選挙期間前後で単身の犯行の筈なのに謎が多い事件でした。

あくまでも結果的に前回の選挙でより選挙演説でテロをしやすく法を改定して、再度テロに走ったとも見えなくもありません。
しかし、あくまでも奇妙なタイミングの一致なだけで関連性を状況証拠だけで言うことは不可能でしょう。

ただ、中国念願の台湾侵攻への障害となる安倍元総理を盤面から永久に排除出来た事は間違いありません。
果たしてこれで利するのは誰なのか?

まるでアメリカ大統領選挙と同じような不可解さと違和感を感じる事件です。
犯罪の捜査の基本はこの事件でもっとも利益を得るものは誰なのか?

中国なんじゃないのか?とも思いますが最終的な証拠は出てこないように思います。
日本でJFK暗殺事件のような謎が起きることになるのか、この先の顛末を見守りたいと思います。


※あくまでもゲーム上の判定に過ぎませんので現実と似ていても答えが正しいとは限りません。
果たしてこれもまた有耶無耶で終わるのでしょうか?


どちらにしろ、ヤン・ウエンリーも言っていますがテロリズムが恐怖で民主主義を支配することに屈すれば暴力が民主主義より強いと認めることになります。
プーチンやキンペーを高笑いさせるべきでは無いのですが、振り返ってみれば西側陣営はほぼ指導者全部ズタボロにされ、ついに日本は元総理暗殺にまで至りました。

これは共産主義の民主主義への挑戦、宣戦布告なのかもしれません。
現時点では関連性も憶測の範囲です。
ですが誰が今回なりふり構わず目的を遂げようとしたのか、本当の事実はどう隠蔽されていくのか?
非常に気になります。

政治家が命懸けの時代となって尚、日本のために働く政治家が果たしているのかどうか…。
居なければ日本は次の戦争で負けるかもしれません。

ともかく無念の最後を終えることになった安倍元総理には、哀悼の意を表します。


テロリズムで実際には歴史は変わってきましたがそれを認めるとテロリズムは有効な手段となってしまい、この平和な日本が既に平和ではないことを改めて示すことになってしまいました。
アベノミクスの終焉がこのような形と言うのは非常に残念です。
結果論から言えばすべての状況が暗殺可能な体勢に持ち込まれたのですが、散弾銃でなければ5mの距離を素人は当てられません。
警察発表では手製銃と言うことですが、この距離で当てるなら相当の熟練者か強運ということになります。

動き、行動、色々自衛隊退職後の17年で何がそうさせたのか、背後関係のわかっていない現時点では判断材料があまりにも足りません。


恐らくはすべての方向性が見えるのは『投票後』なんでは無いでしょうか?
それも計算された物なのか現時点では判りません。


JFK暗殺との類似点を指摘する人も…全く同じなら真相は闇の中になるでしょうけど、日本は容疑者が不慮の事故で死んだりはしないんじゃないかな?
http://totalwar.doorblog.jp/archives/56799262.html


タイミング的には米中外相会議がウクライナ戦争後に初めて始まったのですが中国に逆らうと邪魔な政治家は凶弾で消すことも中国は厭わないという強力な意思表示をアメリカに送ったとも言えます。(勿論偶然ですが)
あくまでも結果論ですが最前線の日本をテロで潰すことは簡単と示して見せたとも言えるので、バイデンがどう思ったのかは知らないですが『朝起きたら安部元総理が死んでた(意訳)』レベルのバイデンの反応でアメリカでも炎上してますが、トランプとの追悼とは対照的ですが中国は実力行使も厭わないというプレッシャーを外交前に与えたことになります。

ロシアに向けた経済制裁、中国の経済制裁の持続が厳しい状況、西側の首脳陣が結果的にほぼエネルギー問題対応以外のスキャンダルで全滅と、どこまで仕組まれているのかわかりませんが民主主義の弱点を突かれている気もします。

日本は元々中国に経済面で容易に圧力を受ける国ですが、果たして今回の一件は本当に個人の犯行なのか、少なくとも個人の単独犯行という事に京アニ同様になるのかも知れません。

また真実は闇の中なのでしょうか?

どちらにしろ結果的には台湾侵攻への足掛かりとして弾みはついたのかも知れません。
自民党の事実上の安部派の喪失で自民党の内部を親中派閥が牛耳る事が出来れば事実上乗っ取ることが可能です。

しかし、実際に暗殺で実力行使とかは逆に弔い合戦になるので劇薬の使い方になります。
それだけ内部浸透が確実でないと舵取りが暴走しかねませんが…中国は常に短絡的で先読みしないで目先の状況だけを見て大局を見ずに工作する傾向がありますが、実際のところはわかりません。
これはキンペーは絶対に政策で失敗しないので成功はキンペーの功績、失敗は部下が勝手にやった無能者なので全て忖度で動いていますので明確な指示はなくこうすれば中国共産党に利するだろうという憶測で大局を見ない人達が指示を出しているためです。
もし指示を出していたことが明るみに出れば失脚材料になりますから全て部下が勝手な判断でやったことが失敗し、成功したものは彼の功績となります。

選挙前に前回の大事件との奇妙な符合を感じるのは気のせいなのでしょうか?

間違いないのは日本で政治家を暗殺するというテロリズムが起きるだけの土壌が形成されそうなるように仕向けた組織、個人があまりに多いということ、本人達はこれまでしてきたことを掌を返して哀悼の意を本心はともかく発信しています。

戦前の戦争突入前の危うさをジャーナリズムから感じるのは気にしすぎなのでしょうか?
当の本人達は元総理暗殺の原因となったと認めることは決して無いとは思いますが…。

そしてそのまままた次の標的を形成していく事になるのでは無いでしょうか?
本当に危うい国に平和では無くなったのでしょう、日本という国は…。