ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


新世代の空母の形、無人機どっさり空母

https://trafficnews.jp/post/118219

無人機は有人機体のGの限界がないので、本格運用すると圧倒的に有利です。
死の恐怖がないので、あらゆるマニューバ(機動)の制限が有人の限界※6G程度(重力の6倍、極端に越えると失明したり、気絶します)を遥かに越えて機体限界性能のカタログスペック限界で戦術を組めます。
最悪爆弾積んだまま「合法的に」神風攻撃が出来ます。

無人機を大量に積んだ空母運用も時代と共に現れるのかもしれませんね。

第三次世界大戦はドクトリンが大きく変わりこれにいち早く対応出来た国が勝利を、ナチスドイツ、ヒットラー電撃戦で勝利をおさめたように、歴史を変えるでしょう。
恐らく無人機の有効性を全く理解できてなかった自衛隊上層部はこの第三次世界大戦では大きく遅れをとったと言えます。
言うなれば、第二次世界大戦で空母を軽視して戦艦を崇める時代遅れの戦術で戦争に突っ込むことになります。

中国のドローン攻撃の危険性を認識していてこれですから、第三次世界大戦第二次世界大戦のような敗戦となるかもしれません。
今回は立場が違いますが立ち回り次第ではどうなるかわかりません。
アメリカがどう梯子をはずすのかはまだ予想し切れませんし
日本をウクライナにしないあらゆる対策が必要なのですが、多分政治家もITのデジタル庁の無能さをみる限り、同じ機能不全を起こすでしょう。
大平洋戦争の大本営と本質は変わりません。