ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


MI5は、ちゃんと仕事してるなぁ…。

www.msn.com

 

https://www.bbc.com/japanese/59975872


これ、イギリスの話ですけど、当然各国で行われてます。

でも、聞いたことがありません、なぜでしょうか?

 

(オーストラリアでは大事になりすぎて政権転覆しかけたけど)


不思議な事に、報道機関や政治家とか仕事しない人ほど中国贔屓だったりします。

何故なんでしょうかね?


実際問題一度、関わったり、目を付けられると逃げられませんけどね。

多くの外交官や要職が自殺や不慮の死を遂げてますし。

死にたくなければそりぁねえ…。


尚、政治献金や賄賂を否定するつもりもありません。

中国に関わると賄賂無いと全く事務手続きが先に進まないので必須なためです。

お国柄なので向こうも当然同じ慣習で使ってくるのは当然なので問題はそれを表に出すと脅迫されて従うしか無くなって国益を損なってる人達が問題なだけだったりします。


文化の違いは難しいです。

チップ文化の悪い意味での中国版なのでなんとも問題を明るみに出すまいと隠そうとしておかしくなります。

多分、その辺潔癖過ぎると中国取引は回らなくなります。


この為、何だかんだ中国取引はおかしな話になってしまいます。