ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


三峡ダムが、決壊危険状態に、崩壊した場合、数億人の犠牲者と中国4分の一が水没の危機に

https://news.nifty.com/article/world/china/12241-702641/

実は、国防上、三峡ダムは、中国のアキレス腱で、もし、このダムが決壊崩壊した場合、中国の4分の一が水没の危機となるため、
人道上はともかく初戦で爆撃すればあっさり勝敗がついてしまうという、重要拠点だったりします。

※台湾が侵攻を受けた場合、報復として、この三峡ダムにミサイル攻撃をすると警告している位です。
結構日本も先制攻撃を憲法改正で出来るようになると、かなり抑止力になるため、中国が非常に嫌がってるのはこの為です。
安部総理が、先制施設攻撃を盛り込みたいのは、中国への抑止力として、恐らくはこれを攻撃を可能としたいのだと思います。
野党は絶対認めたくないでしょうけど

※重力ダムなので、ちょっとした爆撃機の爆弾で決壊させるのは簡単ではありませんけどね。
ただ、既に亀裂、崩壊仕掛かっているのであれば、決壊を早める位にはなるかもしれませんが…。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B%E5%BC%8F%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%80%E3%83%A0
重力ダム コンクリートの質量自体で水圧を押さえ込むタイプで構造上ダムの中では堅牢な部類に当たるため、爆撃で破壊するなら、爆弾で山もしくは崖を崩すつもりで攻撃する必要があります。
なので、簡単な爆撃で崩壊させるのは容易ではありませんが、同時に充分に貫通させるだけのバンカーバスター的な攻撃だと、破壊は可能ですから、米軍が、本気になれば容易に破壊可能でしょう。
6~7m潜り込んでから爆発しますので、それなりの破壊力(それ以上だと、核兵器になります)というか、通常兵器で最強の部類です。
ただ、それで破壊できるかと言うと、バンカーバスター以外の通常弾薬では、ACE COMBATでダム攻撃をしたことある人もいると思いますが、それなりに厳しいミッションになりそうな気はします。
元から米軍と本気で戦うと勝ち目は無いことは中国はわかっているので、実戦では空母を飽和攻撃でグアム辺りから中国の近くには近付けない戦術で居ます。
実際、日本周辺は既に中国の射程圏内なので、有事にはかなり面倒な事になります。
イージス艦で飽和攻撃を何処まで防げるかとなります。
その辺もあって、コロナで空母が稼働しきれない今、中国は好き放題暴れているわけでもあります。

話を戻すと精密に圧力を計算した精密爆撃や内部爆破テロなら不可能ではないですが、そうなるともう、かなり難しい事になります。

※多分、今後アメリカで開発される、衛星軌道上からの攻撃衛星による質量弾攻撃なら、行けるかもしれません、あれの破壊力、バンカーバスター越えますので

更に言うと当初から設計と強度問題、実際にダムが歪んでいるのではないかと、常に疑惑があるダムです。
気になる人はGoogleマップで見てみると、既に上空からわかるほど歪んでます。
実際はグーグルの撮影の問題とも言われますが、それを除いても歪んでいるのは指摘されており、観光が禁止になったのも不都合を隠す為のようです。
現在水害による決壊の危機にあるのですが、想定外の水害に中国の強度設計では、非常に不安ではあります。

普通、ダムが目に見える形で歪んでで許容範囲内と言い張るとか、狂気の沙汰です。

万が一崩壊すると、世界規模の食料危機は確定します、中国の差し迫った無茶な行動は、この辺の危機感からの可能性もあります。
三峡ダムは、あくまでも一例で多くのダムが同様の有り様の為に、メンツがあって、公表しないだけで、大小様々なダムが決壊の危機にあります。

三峡ダムが崩壊すれば、(長江の中下流にある)宜昌市や湖南省岳陽市から、長江の入り江に位置する上海市まで、甚大な被害をもたらす」とのこと
これに耐えきれるのか、耐えきれない場合、下流域全ての避難が不可能ではあるが、大災害として発生するのが避けられない状況です。

https://m.ntdtv.jp/2020/06/44005/
専門家は逃げるように指示しようにも逃げる先がないとのこと
福島の津波と同様に迫ってくるため逃げようが無いとも実際に起きれば大災害となりそうです。

(既に歪んでいるのですが許容範囲内と言い張っているため、その状態でこれだけの増水の水圧を耐えきれるのかかなり危険かもしれませんが、実際に中国の4分の一が浸水しますから逃げようが無いとも言えます、水害としては史上最大の被害となるかもしれません)


同様に水害と豪雨は、蝗の産卵大繁殖を助長するため、ダブルパンチとなる可能性もあり得ます。

同様に、ご存知の通り、浸水後の疫病発生はこれだけ、広域だと避けられないため、大変な事態となります。

基本中国製品はまともだったことは殆どないので、今回は自然の猛威に耐えられるのでしょうか?

中国、自分がピンチになったら、周囲を巻き込んで自爆しそうで怖いんですよね