ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


#社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった

#社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった from:dentsuma - Twitter Search

ブラックあるあるですが、実際に笑えない人は直ぐに逃げ出した方がいい
※実際には、最初の研修で洗脳されているのと、毎日の激務で思考能力が低下しているので、逃げ出すという手段が責任感や義務感と周囲からのプレッシャーや強要で、選択肢から既に抜け落ちているので、逃げられません。
この為、突然死や突発的な自殺という結末を迎える事になります。(※幸運?が重なれば、運良く救急車で運ばれ助かる場合もありますが、知り合いはその状態で出勤を強要されその後、死亡しました。 そういう指示を出す上司はそもそもそのような状況でそんな指示を出せる時点で、サイコパスな為、罪悪感は全くないので、犬死となりますが、その家族は路頭に迷う事になります、その家族を守ろうとする気持ちが結果的に本人の命を奪う為、いたたまれない状況となります、残された方も自分を責める事になりますので…。)

某大手企業では上司が、「激務で体調崩して入院して社員として一人前、そのような部下を管理(追い込み)出来て、はじめて上司と言える」「社員は使い捨ての一兵卒」とほざいておりましたので、どこの借金取りや大日本帝国軍かよと思いますが、現実にそのようなブラック企業はよくあるようです。
実際には、ぽんぽんあったら、ほんと困るんですが…、多くの人の場合は、その会社に定年まで働くつもりの筈ですし…まぁ、入って気付くからこそ、新人の流動的な転職頻度が上がってるのもわからなくもないですが…。

…まぁ、ぶっちゃけ本音を言えば、自分たちの高給と退職金を維持する為に、「新人達&派遣社員には(自分の責任にならないように)激務で死んでくれ」というのがそのような人達の本音なので、実際はババ抜きを立場の弱い人達に自分からジョーカーを引かせるようにしているのが現在の状況とも言えなくもない状況です。
自分の給料や待遇が下がるくらいなら新入社員達に犠牲になってもらおうというのが、権力や実権を持っている既得権益側の本音ですので(まぁ、これは会社や企業だけではありませんが)、高齢化社会で全体的にすべてが閉塞しているので、結局強者が弱者を助ける構図を自ら示す事が出来ない限り(本音で言えば、弱者死ねと思っている人はあまりに多い、それを言えば、叩かれたり炎上したりするので、言葉に出さないだけで、現実救済措置やセーフティネットはあまりにお粗末である)、この状況の結末は悲惨な結末を迎えるとわかっている為に、皆、敢えてそれに挑まずに逃げ切りを考えている人は多い(結局逃げ切れずに皆、ちゃぶ台返しを食らってえらい目に合うんですけどね…バブル崩壊時みたいに…。)

経営者視点では、最低でも給料の3倍(福利厚生、後方部門の人件費等諸経費)を販売部門では稼ぎあげて貰わないと会社の全体収益が赤字になります、この視点以上で働かないと会社としては穀潰し、会社のお荷物と見なされるのですが(※会社の収益構造は様々ですので一般論です)、この辺にスポット当てたのが今回の、働き方改革の第一陣でしょう、名ばかり管理職で残業代で稼いでいる人達を、働き方改革で基本給だけで残業代を支払わなくて良いようにする案です、今のところ、大企業の一部にしか適用されませんが、すぐに派遣社員と同様に基準年収が下がるでしょう。
実際には、このような給料泥棒をターゲットに見せているのも印象操作で、最終的には社員全員が、残業代無支給で、サービス残業での過労死も自己責任で、企業責任を問えなくするのが最終的な目標です、完全な一生奴隷として生きていけというのが、働き方改革の最終目標ですが、まぁ、実際のところは、おいおい自分たちに降りかかってからわかる事となると思われます。(その頃には現在の管理職は逃げ切って、新入社員や若手がこれを食らって阿鼻叫喚となると思われます、既に導入済みのIT業界は既にかなり前から阿鼻叫喚です…。 事実上の働き方改革の実施と同じ状況なのが教育現場です。)
企業への忠誠を終身雇用で求めていた時代から、法整備で合法的に忠誠(奴隷制)を強制できる制度へと、社員達が企業に無償で忠誠や奉仕をしなくなったので、強制的に求めるという、領土や恩賞や庇護で忠誠を得ていた騎士的忠誠心から、強制的に労働を強制する奴隷社会へと変貌していく過程をこの先見る事になるでしょう。

ぶっちゃけ、オーバーロードの主人公が転生する前の社会構造が実際にやってくるんでしょうかね…いや、まじめに笑えない未来図なんですが…。
現実世界 - オーバーロードwiki

貧富の格差の拡大、富裕層しか事実上入れない教育、企業が有利になる雇用者の人命無視の法律改正、この辺までは現実とそう変わらないですが… 環境汚染によるシェルターの企業による統治とかこの辺はもうちょっと先でしょう…温暖化なのか寒冷化なのかどっちに環境は転ぶんでしょうかねぇ…。
結局、人は性善説には生きていない*1という気はします、結果的に腐敗の温床となりやすい社会構造だと思えますし…内部告発したら告発側が不利になる世の中だと、犠牲になるのはその影響を受ける側でしょうし…。隠蔽体質なのは今に始まった事ではありませんが…既得権益を会社や自勢力が潰れるまで決して手放さなくそれが不正だと認識していないので自浄は出来たためしがない(できてたらそもそも不正が発生してない)
正直ないい人が生き残れるような世の中じゃないのが一番問題なんでしょうけど…なんなんでしょうかね、この閉塞感は…誰も正義を信じれないから悪い方向にしか進めない。
本来は右上がりの社会構造で大きく儲けてばんばん納税してお金を大きく循環させるサイクルが健全なのですが、既にあっちこっちで破綻しているのでどこに手を付けても焼け石に水、でもやらなきゃもっとひどくなるのがわかっているのに先送り体質という…そのうち痛い目見るぞお前ら…って感じですけども…※バブル崩壊直前もそんな感じでしたけど…。*2
まぁ、世界の警察だった筈のアメリカがあの状況では未来を信じるってのも難しいのもわからなくもないですけども…。

正直、勝てる戦争ならやりたい人は多いし、そろそろ戦後70年を超えて戦争を知ってる世代がいなくなったら、抑止の体験談も薄れていく…勝てる戦争はうまみが多くて都合よく人命尊重なんて言葉は追いやられるのは過去の歴史が示す通りです。

生きているうちに戦争は経験せずに終わりたいが、その為の努力を惜しんで祈るだけの神頼みではどうしようもない…。

最近は良い未来を子供たちにどう残すかという思考に陥りがちですが、どうにも解法が見当たらず堂々巡りの日々だったりもします。
尤もそんな未来や他人の心配する暇があれば自分の事をまずしっかりしないとならないというブーメランになっちゃいますけどね。

*1:動物や植物は基本食べきれないものを蓄えるというのは冬眠時を除いて基本ありません、それでも冬眠時に必要とする分だけです、しかし、人間だけは無意味に環境を破壊して自分たちが住めなくなるほど、食べるものが無くなる程、全てを狩りつくし、掘りつくしてしまいます…これは生物としてはこのような生態はなく、微生物やウイルスの生態に似ています、宿主を殺すまでに増殖してしまうウイルスや、ガン細胞などです… 人間は、ガイア論的に言えば、地球を滅ぼすウイルスと言えます、いずれ免疫細胞的な、自然現象によって安全域まで排除されるかもしれません… ま、これも実際は人間の勝手な思い込みで実際は、地球は灼熱の球体となろうと、なんら地球自体が苦しんだりはしません、単に『人間が住めなくなるだけ』です。 ただ、もし、地球が何らかの検証実験や箱庭だったとすれば、いい加減鑑賞している方も飽きたか、目を離したすきにカビが生えて手が付けられなくなった程度なのでしょうけど…

*2:まぁ、やるべきことをやると選挙に勝てないという悪循環が終わってますけども…。やっちゃいけない事程、利益がでる(死人と犠牲者が出る)ので、どんどん法案が通過していくのがディストピアですけどねぇ…。国が十分成熟して斜陽の状況だから権益を守る事だけに固執するとそのうち瓦解しちゃいますけど、さて、どこまで行きつくのか、それともその前に他所の破綻に巻き込まれて戦争になるのか…。戦費に回すと国内経済は破綻するけど、吹っ掛けられて負けたらすべてを失うし…この判断は本当に難しい 果たしてあとどれくらい時間があるのか…国防族の議員はやきもきしてるだろうけど、イージスジョシュアは張子の虎で内部でも回すべき予算がねじ曲がりそう…あれ、レーダーとしては使えるけど実際には当たらんしねぇ…それぞれ采配が難しいけど、好きにさせたら国内経済が困窮するしどうしたものやら