ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


2020-08-20から1日間の記事一覧

さすが独裁国家、プーチン体制、暗殺で揺るがず、さすがKGBあがりはやることが違う

www.msn.com ワクチンで暗雲の出てきた、プーチン政権ですが、さすが独裁国家、暗殺で揺るぎません。 同盟国の政権崩壊が見えてきたところでロシアは揺るがずといったところです。 政敵は消される世界ですので、中国、ロシアの基準で世界の大統領も扱われて…

皆が気になって仕方ない、三峡ダム、警戒水位越え、危険水位越え166mチャレンジ 崩壊すれば下流9個の原発が危険に…。

https://news.yahoo.co.jp/articles/96865601f0298af71985153ec2223ef843c975e7構造限界水位175m ダム全高185m まぁ、ひとつの挑戦ですね上流が制御不能になってますから、はてさて、どうなるか 崩壊すれば歴史は台湾にとって救われ、中国にとっては致命的に…

中国、バイデンが当選したら、台湾を侵略する。 トランプが当選したら台湾を侵略しようとして、アメリカと戦争する。

https://hosyusokuhou.jp/archives/48884924.htmlなにこの、絶対台湾占領するシナリオ 来年、絶対世界大戦か、台湾有事やんもう、中国の人民元が、大日本帝国の軍票と同じになってしまう未来しか見えない。中国関係国、只の紙束押し付けられて崩壊する未来し…

ゲーム用のCPUなら、コア数よりクロック重視のほうが、3→4Ghz 20% スレッド 6→8 2% の効率化

https://news.yahoo.co.jp/articles/2419fae6311b2e5c55c020245829751c5d342fdaゲームはクロックかぁ…。 スレッド増えてもあまり劇的効果は期待できないとは、確かに処理はクロック、負荷への耐性はスレッドだものなあ(高負荷までは、以外とそこまで使わない…

作中、最強キャラの扱いに困る

http://himasoku.com/archives/52124958.html最強キャラが、美味しいところを持ってくと、TRPGでは、吟遊詩人プレイになるので、美味しい退場のさせかたは常に悩む同時に主人公(プレイヤー)がどんどんレベルが上がって強さのインフレしていくのも、長く遊ぶ…

どうやら、中国は来月までに、何が何でも安部総理を引きずり下ろしたいらしい… 来月の日印の条約が、中国に致命的な為、マスコミに工作中

http://www.akb48matomemory.com/archives/1077808754.htmlなんか、第一次安部内閣の健康不良の記事を、今の日時にして健康不安説を出してくるから、なんだこのあからさまなフェイクニュースと思ってましたが、背後には中国は、今月中に安部総理には消えても…

棍棒と投石でインドに挑んで、ぼろ負けに逃げ帰った、人民解放軍、今度はインド国境付近にステルス戦闘機配置

https://news.yahoo.co.jp/articles/e603215cba846c12f5a3a474f2d634ae678aff1f根幹には中国内部が崩壊状態なので、比較的短期間で軍事的勝利を得る必要があるからなのですが、尖閣に挑もうとして、アメリカに核戦争も辞さないと突っ込まれ(取り敢えず)諦め…

韓国の親日派の墓を掘り起こして汚すという法案に、政治家の三分の二が賛成して通過してしまう異常さ

https://news.yahoo.co.jp/articles/3448db4d323bf670a9f82e0e26e7fd66d0e91e6f既に韓国に関しては、無関心なので、どうでもいいのですが、敢えてかまって欲しいようなので、コメントしておきます。異常です、震災をお祝いする国民感情は異常だとかねてから…