ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


韓国の親日派の墓を掘り起こして汚すという法案に、政治家の三分の二が賛成して通過してしまう異常さ

https://news.yahoo.co.jp/articles/3448db4d323bf670a9f82e0e26e7fd66d0e91e6f

既に韓国に関しては、無関心なので、どうでもいいのですが、敢えてかまって欲しいようなので、コメントしておきます。

異常です、震災をお祝いする国民感情は異常だとかねてから思っていましたが、この法案も全世界に報道される訳ですから、墓を掘り起こして故人を汚す行為が世界から、どう思われるのかわかってやるのでしょうから、勝手にすればいいですが、少なくとも日本人は韓国に行くと何をされるかわからないという状態まで国家が国レベルで暴走していることを示している以上、近寄らない事が賢明です。

昔から警告してきましたが、やはりという感じです。
普通はあり得ない、それが行えてしまう国は、既にまともな取引は不可能です。
昔から無理でしたけど。

呆れてますがそれ以前に、今もまだ取引があるなら想定外の損失にご注意下さい。

心配なのは、韓国人と血縁関係になった方々、前々から危険だよと言うと、そんな人達ではないと否定されるので自然と疎遠になってしまいますし余計なおせっかいでもありますから、礼を失しない範囲で対応するしかないのですがやはり心配になります。

勿論本人の問題なのですが、ネットでの付き合いである以上それ以上は何も言えませんが、大丈夫だったのでしょうか…。

人種、思想と個人はまったく違うので、本来、その国や政策がどうあろうと個人の評価は別問題です、ですので中国人や韓国人であろうと人となりなり、接し方をかえるつもりはありませんが、相手が接してくる態度があからさまであればそこは、個々の人となりを見て接し方を変えるだけです。

問題は、そのような社会情勢で要らぬ苦労をしていないか心配するのみです。

大平洋戦争の戦時下では、アメリカに移住した日系人は、収容所入りとなりました、戦争ですから、当然そうなりますが、この先の情勢の変化で中国、韓国もどんどん日本人の立場が悪化していきます。

ナチスドイツ崩壊時にロシア兵士がドイツ占領時に悪逆の限りを尽くしましたが、その犠牲になったのは多くの婦女子です、そして犠牲になった女性たちにドイツの夫達は、それを理由に離婚しました。
戦時下の混乱故の事ですが、理不尽がまかり通るのが戦争です、情勢悪化はあらゆる事が起きるというのが、苦し紛れの狂気の政策です。
日本だって、若者を特攻に追いやった歴史があります。
戦争はいつも立場の弱い人達、国が軍事力によって蹂躙される世界です、それはもうそう遠い話ではなくなるかもしれません。

戦争は女の顔をしていません。
男の身勝手に振り回されるのが現実です。

既に、台湾に侵入した中国戦闘機が、撃墜されかかる(ミサイル追尾まで状況はエスカレーションしています)という、第三次世界大戦エスカレーションしかかっている世の中です。
あとは、どの国が仕掛けて、それにどう対応するか、回避不能の状況を相手が押し付ければ戦争になります。

情勢が戦争へと突き進む現在、国同士の遺恨で引き裂かれる物も沢山あるのかもしれません、要領よく生きていくのだけが答えではありませんが、大変な時代になっていきそうです。