ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


脳内シナリオしか無いなら卓を立てるべきではない

放言blog 脳内シナリオしか無いなら卓を立てるべきではない
実際、オフラインでアドリブ立卓出来る人は凄いと思う。*1オンセでも同時にツールとデータ引っ張り回して格闘、PBeM&BBSRPGでようやく翌日までに矛盾点をクリアしてシナリオ修正しつつ展開(過去の数百人分のバックグラウンドデータを元に判定)するのがやっとです。
矛盾点を出さないようにすると参加者の行動をかなり縛らないと難しいし逆に箱庭しちゃうという方法もありですが。
実際にオンセでは完璧にこなした人は見たことがあります、オフラインではアドリブである事を最後まで悟らせないのがマナーだとは思いますが瞬時にそこまで辻褄を合わせられるのは相当のもの。*2
でも、気心のしれた仲間や鳥取なら、戦闘系のデータブックだけを常備して後はアドリブというのはアリ、但し戦闘メインで回します。
戦闘だけでも楽しかったあの頃だから出来た話かもしれませんけど。戦闘が一つの独立したゲームとして成り立つくらい楽しかったように感じていた頃だからかもしれませんが。*3
ベテランさんは極論、GMいなくても仲間と楽しめます、でもそれってなんか別のゲームかもしれない。*4

*1:だからといって挑戦するのは、コンベンションなどでは失礼だと思う

*2:かなり無理っぽいけど、出来るのはタモリさん級の技量が必要かと

*3:つまりは、敵さえ出てくれば良かったそんな時代も(鳥取によっては)あったかなと思う

*4:実際、キャラシートやルールブックなくても遊ぶし、あの人達